月別アーカイブ: 2013年6月

6月29日はビートルズの日


今日6月29日は、1966年のザ・ビートルズ初来日を記念した「ビートルズの日」。
そして、6月26日の映画「HELP!」のブルー・レイ発売に合わせて、ザ・ビートルズ CDアルバム23タイトルのプライスダウン・キャンペーンが実施されています。

  • 映画「HELP!」のブルー・レイ

ヘルプ! [Blu-ray]

新品価格
¥5,526から
(2013/6/29 15:06時点)

  • ザ・ビートルズBOX:¥35,800 → ¥27,000

ザ・ビートルズ BOX (DVD付)(期間限定価格盤)

新品価格
¥23,220から
(2013/6/29 14:58時点)

  • 2CD:¥3,700 → ¥2,750

ザ・ビートルズ アンソロジー1 (期間限定価格盤)

新品価格
¥2,749から
(2013/6/29 14:57時点)

ザ・ビートルズ アンソロジー2 (期間限定価格盤)

新品価格
¥2,749から
(2013/6/29 14:57時点)

ザ・ビートルズ アンソロジー3 (期間限定価格盤)

新品価格
¥2,749から
(2013/6/29 14:57時点)

  • 1CD:¥2,600 → ¥1,950

イエロー・サブマリン~ソングトラック~ (期間限定価格盤)

新品価格
¥1,949から
(2013/6/29 14:56時点)

ザ・ビートルズ 1 (期間限定価格盤)

新品価格
¥1,949から
(2013/6/29 14:58時点)

LOVE (期間限定価格盤)

新品価格
¥1,949から
(2013/6/29 14:56時点)

他にも、再出荷16タイトルも、プライスダウン中です。
期間限定盤で、お得にザ・ビートルズ三昧は、いかがですか?

ザ・ビートルズストア

(編集長)

ジャズ・フェスの季節(1)「モントリオール」


カナダのモントリオール(仏語: Montréal、英語: Montreal)は、北緯45°30′、西経73°33′にあります。緯度では日本の稚内市とほぼ同じです。
このブログで度々登場しているボストンは、札幌より少し下の室蘭や苫小牧に近い北緯42°21′です。だからモントリオールとボストンの位置関係は、日本では北海道の北と南だと思えば良いでしょう。
アメリカの東海岸のニューヨークやボストンなどとの時差もありせん。
その東部時間と日本との時差はサマータイムの期間(今年は3月10日から11月3日)は13時間で、日本が進んでいます。冬になるとその時差は14時間となります。

大きな地図で見る

ボストンからモントリオール行きの長距離バスもあるようで、国境はありますが、車でも行けるカナダで一番近い都市と云えます。但し、第一言語がフランス語であり、世界的にもパリに次ぐフランス文化の薫り高い街です。
ボストンからモントリオールへの旅は、差し詰め北米にありながら、ロンドンからパリへ行く趣と云えます。

 

二つの言葉の町モントリオール―カナダ・ケベック文化紀行

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 11:03時点)

ふだん着のモントリオール案内

新品価格
¥2,415から
(2013/6/27 11:03時点)

そんなモントリオールでは6月末から7月初頭にかけて、世界一の規模と云われる「モントリオール国際ジャズフェスティバル(仏: Festival International de Jazz de Montréal)」が開かれます。去年の様子が、阪急交通社のブログに紹介されています。
今年は6月28日(金)から7月7日(日)の10日間の予定です。
詳細については公式サイトをご覧ください。

Festival International de Jazz de Montréal公式サイト

今年のプログラムで当ブログに登場したミュージシャンを探してみると、ピンク・マルティーニ(Pink Martini)マーク・ジュリアナ(Mark Guiliana)ジョシュア・レッドマン(Joshua Redman)などの出演が見受けられます。
日本人ではジャズ・ギタリストの高免信喜(たかめんのぶき、Nobuki Takamen、1977年 -、広島市出身)が7月4日(木)に「高免信喜デュオ」で出演予定です。2009年に続き2回目の出演となります。
今回はピアノの樋口絢子(ひぐちあやこ、Ayako Higuchi、1984年 -、福岡市出身)とのデュオですが、共にバークリー音楽大学出身で、卒業後はニューヨークを中心に活動しているようです。

高免信喜はYuki Monolog Kanesakaと同じ時期にバークリーで学び、当時は共にギグ(Gig、日本で云うライブ)を行うこともありました。
毎年日本ツアーも行なっていて、今年も秋に予定があるようで、その他活動状況については彼の公式サイトに詳しく載っています。

高免信喜公式サイト

昨年の秋はバークリーの同窓生をメンバーに、3枚目のアルバム「Nobuki Takamen|Three Wishes」を携えてのツアーだったようです。

Three Wishes

新品価格
¥1,259から
(2013/6/27 11:22時点)

2010年に行われた日本ツアーにおける桜美林大学での演奏がYouTubeにありました。彼の母校である桜美林大学での模様です。卒業後にバークリーに進んだとのことです。

One Big Shot|Nobuki Takamen Trio Live
http://www.youtube.com/watch?v=ckJz7uc7Skk (YouTube)

彼のギターはギブソン(Gibson)社のES-335がメインのようです。ジャズを中心に愛用者の多いギターだと云えます。

Gibson ES-335

この時の演奏でドラムでサポートしている吉川昭仁(よしかわあきひと、1979年 -) も同じ時期にバークリーで過ごしていますが、現在は池袋で音楽スタジオ「STUDIO Dede」 経営の傍ら演奏活動も行なっています。
毎年夏に開催される「すみだストリートジャズ・フェスティバル(音楽イベント紹介)」でも例年活躍していますので、今年も観ることができるかも知れません。

尚、彼のビンテージ機材の揃った音楽スタジオですが、アシッド・ジャズバンドのインコグニート(Incognito)を率いるJP’ブルーイ’モーニック(通称:ブルーイ、Bluey)も絶賛するスタジオです。

Incognito

ブルーイの直筆サイン入りプロモーション用レコード

余談ですが、先日Monologの一時帰国の際に訪れた、千葉県の地方都市のリサイクルショップでお宝レコードを発掘しました。そのブルーイの直筆サインの入ったプロモーション用と思われるレコードです。100円の値札で売られていました。
ボストンのニューベリーにあるMonologコレクションに加わる筈です。彼の誕生した1981年に結成されたバンドで、憧れの一人であるブルーイの紛れもない直筆だと思います。

イン・コンサート1995 [DVD]

新品価格
¥1,490から
(2013/6/27 11:08時点)

話をモントリオール・ジャズ・フェスティバルに、戻します。
日本と違って梅雨時のない都市では、今の季節は絶好の観光シーズンと云えます。ボストンやモントリオール、或いは本家のロンドンやパリに旅をするのも良いかも知れません。

しかし、予算或いは時間が許さない環境でしたら、DVDを観てジャズ・フェスの雰囲気に触れてみるのも如何でしょうか。
私のお薦めのモントリオールでのレジェンドを紹介いたします。

まずは1985年のマイルス・デイヴィス(Miles Dewey Davis III、1929年 – 1991年)です。カンバック後中期のマイルスも別の味があると思います。

Miles Davis in Montreal | Time After Time (from Montreal 1985)
http://www.youtube.com/watch?v=hL5JrivCaLM&noredirect=1 (YouTube)

  • Miles Davis- tpt.
  • Robert Berg- sax.
  • Robert Irving III- synths.
  • Daryl Jones- bass.
  • John Scofield- guitar.
  • Steve Thornton- Percussion.
  • Vince Wilburn- Drums.

Miles Davis – Live in Montreal [DVD] [Import]

新品価格
¥1,900から
(2013/6/27 11:09時点)

もう一人は前にも紹介したジャコ・パストリア(Jaco Pastorius、1951年 – 1987年)の1982年の映像です。

JACO PASTORIUS|Montreal 1982 The chicken, Bass solo
http://www.youtube.com/watch?v=0hfbfBjNBcU (YouTube)

  • Bobby Mintzer- sax
  • Randy Brecker- tpt
  • Othello Molineaux- steel pans
  • Peter Erskine- drums
  • Don Alias- perc
  • Jaco Pastrious-E.bass

ライブ・イン・モントリオール [DVD]

新品価格
¥9,660から
(2013/6/27 11:11時点)

歴史的名盤復刻!「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」


企画盤の名作「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」が復刻します。この4枚のアルバムは多くの皆さんが再発売を待ち望んでいたのではと思います。

CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES

左から「Pacific」「NEW YORK」「THE AEGEAN SEA」「SEASIDE LOVERS」

この4枚のアルバムは最初にリリースされたのが1978年~1983年とまだレコードの時代でした。
レコード会社も、まだ「ソニー・ミュージックエンタテインメント (Sony Music Entertainment:略称SME)」ではなく、「CBS・ソニーレコード」と呼ばれていた時代です。
日本を代表するトップ・ミュージシャンによる「南国」や「ニューヨーク」などをテーマとして企画されたインストメンタル・アルバムです。
当時は「高中正義」「松原正樹」などのギタリストや、グループとしては「プリズム(PRISM)」「ザ・スクェア(THE SQUARE)」など、日本人アーティストによるフュージョンも広まり、多くのアルバムがリリースされはじめました。
また、今回紹介のアルバムのように「ギター・ワークショップ(GUITAR WORKSHOP)」というトップ・ギタリストによるアルバムも、この頃盛んに発売されました。ギター好きの私としては色々と購入しては聴いていた思い出があります。

今回の再発売を知ったのは偶然です。
いつものようにインターネットでCDを見ていたのですが、「鈴木茂」で検索すると彼が参加したアルバム「NEW YORK」を見つけました。
このアルバムはCD化されましたが既に廃盤となり、新譜、中古ともプレミア価格で販売されているのは知ってはいました。しかし、よく見ると「近日発売 予約可。 この商品は2013/7/24に発売予定です。」と書かれていました。もしやと調べてみると、なんと4枚とも同日の発売という事を知りました。
オークションでもたまに見かけるアルバムです。しかし、高価で手が出ないと諦めていた方も多いかと思います。待望の再発売となりました。
私は何れのアルバムも、レコードとCDの両方で持ってはいますが、「2013年リマスター」との事で購入してしまいそうです。

  •  Pacific (1978年)

PACIFIC

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:18時点)

このアルバムは「パシフィック」というタイトルのとおり、太平洋ではないですが「南の楽園」をテーマに、「細野晴臣」「山下達郎」「鈴木茂」の3人によって作られたアルバムです。
アルバム最後の細野晴臣の曲「コズミック・サーフィン」は当時としては珍しいシンセサイザーを多様した編曲です。これがのちに「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」としてこのサウンドを聴くとなります。
また、ジャケット写真は表、裏ともいかにも楽園といった写真が使われています。この写真のカメラマンは、「浅井慎平」です。

まだCDの無い時代でした。
このブログを書くためレコードを探してみると、通常盤のLPレコードとは別に同じタイトルのLPレコードが見つかりました。これは、45回転盤で通常版より2曲少ない構成なのです。
レコード(アナログ)をいかに良い音質で聴かせるかといった時代が懐かしく、結局私のように2枚も買ってしまう時代でもありました。
のちに「CD選書」のシリーズでCDも購入したので、全部で3枚、所有しています。
今でもよく聴く1枚です。

鈴木茂 | パッション・フラワー
http://www.youtube.com/watch?v=Jv9-K1eZEd4  (YouTube)

収録曲

  1. 最後の楽園     (作曲、編曲:細野晴臣)
  2. コーラル・リーフ     (作曲、編曲:鈴木茂)
  3. ノスタルジア・オブ・アイランド     (作曲、編曲:山下達郎)
    PART I バード・ウインド
    PART II ウォーキング・オン・ザ・ビーチ
  4. スラック・キー・ルンバ     (作曲、編曲:細野晴臣)
  5. パッション・フラワー     (作曲、編曲:鈴木茂)
  6. ノアノア     (作曲、編曲:鈴木茂)
  7. キスカ     (作曲、編曲:山下達郎)
  8. コズミック・サーフィン     (作曲、編曲:細野晴臣)
  • NEW YORK (1978年)

NEW YORK

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:21時点)

このアルバムも最初の購入はレコードでしたが、当時(今でも)日本を代表するフュージョン、そしてセッション・ギタリストが8名(曲目リスト参照)が「ニューヨーク」をテーマに作られたアルバムです。
私もですが、ギターを弾く方にとっては「ギター・ワークショップ」シリーズとともに必聴盤とも言えるアルバムだと思います。
8人の個性が出ており、4曲目の松木恒秀の「ヒム・トゥ・スタッフ」などは、タイトルの通り、日本の「エリック・ゲイル(Eric Gale)」、そして「コーネル・デュプリー(Cornell DuPree)」だなと言える「スタッフ(Stuff)」サウンドを聴かせてくれます。

秋山一将 | セントラル・パーク
http://www.youtube.com/watch?v=BjGt3F6TpTg  (YouTube)

収録曲

  1. ケネディー・エアポート     (作曲、編曲:鈴木茂)
  2. ハード・タイムス     (作曲:ボズ・スキャッグス、編曲:坂本龍一、松原正樹)
  3. ニューヨーク・サブウェイ     (作詞:ケーシー・ランキン、作曲、編曲:水谷公生)
  4. ヒム・トゥ・スタッフ     (作曲、編曲:松木恒秀)
  5. セントラル・パーク     (作曲、編曲:秋山一将)
  6. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ     (作曲:ガイ・ウッド、編曲:大村憲司)
  7. マンハッタン・サンライズ     (作曲、編曲:矢島賢)
  8. ニューヨーク・ウーマン・セレネード     (作詞、作曲、編曲:竹田和夫)
  • THE AEGEAN SEA (1979年)

エーゲ海

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:22時点)

このアルバムは「松任谷正隆」「細野晴臣」「石川鷹彦」の3人により、タイトル「THE AEGEAN SEA」のとおり「エーゲ海」をテーマに作られたアルバムです。
1曲目の「魅せられて」は、このりアルバムのリリースと同じ1979年の「ジュディ・オング」の大ヒット曲ですが、同じCBSソニーレコード、そして同じエーゲ海がテーマという事もあり企画されたかと思います。
ただし曲目リストにあるとおり、1曲目の「エージアン・ファンタジー」のイントロのように使われ30秒弱で次の「アイランド・ガール」となります。

石川 鷹彦 | デイ・ブレイク
http://www.youtube.com/watch?v=6tDIPgkcD0Q  (YouTube)

収録曲

  1. エージアン・ファンタジー
    (1) 魅せられて     (作曲:筒美京平、編曲:松任谷正隆)
    (2) アイランド・ガール     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  2. アトランティス     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  3. レゲ・エーゲ・ウーマン     (作曲、編曲:細野晴臣)
  4. ミコノスの花嫁     (作曲、編曲:細野晴臣)
  5. イマージュ     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  6. 波間の薔薇     (作曲、編曲:松任谷正隆)
  7. デイ・ブレイク     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  8. アフロディーテの嘆き     (作曲、編曲:石川鷹彦)
  • SEASIDE LOVERS (1983年)

SEASIDE LOVERS

新品価格
¥1,890から
(2013/6/27 01:24時点)

このアルバムはサブ・タイトル「MEMORIES IN BEACH HOUSE」とあるように南国の「ビーチ・ハウス」をテーマに「井上鑑」「松任谷正隆」「佐藤博」の3人によって作られたアルバムです。
ビーチ・ハウスがテーマといっても部屋や木陰で癒されるイメージというより、やはり1枚目に紹介した「Pacific」と同様に「南国」や「海」を感じさせるアップテンポの曲もあり、こちらも夏のBGMとして聴くのにお勧めかと思います。

松任谷正隆 | LOVERS PRADISE
http://www.youtube.com/watch?v=8OC4GdFQVnA (YouTube)

収録曲

  1. ラバーズ・パラダイス     (作詞:新里リリカ、作曲、編曲:松任谷正隆)
  2. メルティング・ブルー     (作詞:デニース・スウィナートン、井上鑑、作曲、編曲:井上鑑)
  3. サン・ベイシング     (作曲、編曲:佐藤博)
  4. サンセット・アフタヌーン     (作曲、編曲:井上鑑)
  5. X’S アンド O’S     (作詞:ダイアン・シルバーソーン、作曲、編曲:佐藤博)
  6. ウインド・ウェイブ・アンド・ワイングラス     (作曲、編曲:井上鑑)
  7. ココナッツ・アイランド     (作詞:新里レオナ、作曲、編曲:松任谷正隆)
  8. イブニング・シャドウズ     (作曲、編曲:佐藤博)
  9. ブルー・メモリーズ     (作曲、編曲:松任谷正隆)

今回は4枚のアルバムを紹介しましたが、これらのアルバムは当時「CBS/SONY SOUND IMAGE SERIES」として他に、「ISLAND MUSIC」と「OFF SHORE」というタイトルで2枚のアルバムもリリースされました。
ただ、アルバムの収録曲はこの4枚から構成されていますのでこの4枚のみ復刻して再発売になったのかと思います。

印象的なテレビ主題歌


映画「Always 三丁目の夕日」に出てくる鈴木家に近所の人たちがテレビを見に来るという場面は、まさに私たちの子供の頃そのままです。
自宅にテレビがなかった小学校低学年の頃、私も近所の医者の家に行って、土曜日と日曜日の午後6時から8時頃まで、毎週テレビを見せてもらいました。
その頃は、「スーパーマン」「お笑い三人組」「ホームラン教室」「私だけが知っている」「名犬ラッシー」「月光仮面」「やりくりアパート」等が人気番組で夢中になりました。

その後、自宅でテレビが観れるようになってからは、それこそテレビ中心の生活になりました。
「少年探偵団」「七色仮面」「白馬童子」「少年ジェット」「笛吹童子」「ナショナルキッド」「海底人8823」(かいていじんはやぶさ)「ローハイド」、「ララミー牧場」「サンセット77」「ミステリー・ゾーン」「怪傑ゾロ」「アンタッチャブル」「ボナンザ」「スター千一夜」「おとなの漫画」「ザ・ヒット・パレード」「それは私です」「若い季節」「七人の刑事」「夢で逢いましょう」「シャボン玉ホリデー」「兼高かおる世界の旅」など、番組名をあげればきりがありません。

その中で、テレビ番組主題歌として強く印象に残っている曲を紹介します。

月光仮面の主題歌(月光仮面は誰でしょう)
http://www.youtube.com/watch?v=oHpN4QuGc-U (YouTube)

  • 原作・主題歌・作詞: 川内康範
  • 主題歌作曲: 小川寛興
  • 歌: 近藤よしこ、キング小鳩会

月光仮面 [DVD]

新品価格
¥3,780から
(2013/6/25 10:56時点)

月光仮面」は、1958年から1959年までの約一年半の放映だったのですが、私の記憶では何年にもわたって放送されてた感じがします。
ストーリーは全く覚えていませんが、主演は大瀬康一で、悪役には、「サタンの爪」「マンモスコング」「どくろ仮面」などという悪役がいました。
主題歌の「月光仮面は誰でしょう」は、「どぉ~このだぁ~れかは、しらないけれど、だぁ~れもがみぃんなしぃ~ていぃるぅ~」と、今でもはっきりと覚えています。この主題歌は10万枚売れたとの事です。

快傑ハリマオ|三橋美智也
http://www.youtube.com/watch?v=HdN1U18IZpg (YouTube)

  • 歌: 三橋美智也
  • 作詞: 加藤省吾
  • 作曲: 小川寛興

あのころのテレビ主題歌 ベスト

新品価格
¥1,720から
(2013/6/25 10:59時点)

快傑ハリマオ」は、1960年4月から1961年6月まで放映されました。
こちらも、ストーリーは覚えていないのですが、「陳秀明」という悪役がいたことと、きれいなお姉さんが(後に「玲子」という役の「近藤圭子」という女優だと知りました)いたことを覚えています。
そして、主題歌を「三橋美智也」が歌っていたことを、後にカラオケで歌うようになってしりました。歌っていると気持ちが良くなる歌です。

「月光仮面」と「快傑ハリマオ」のいずれも、子供たちのヒーローでした。
その後、「ウルトラマン」「仮面ライダー」と子供たちの憧れる「正義の味方」シリーズとして引き継がれた、先駆け的番組でした。

ララミ―牧場(オープニング/エンディング)
http://www.youtube.com/watch?v=xMz-w5ExC_8 (YouTube)

  • 作曲: Cyril Mockridge

ララミー牧場 [DVD]

新品価格
¥25,181から
(2013/6/25 11:01時点)


デューク・エイセス|ララミ―牧場(日本語版主題歌)
http://www.youtube.com/watch?v=QBMvCHAYSxU (YouTube)

ファンタジック・メモリー 外国TV映画日本版主題歌コレクション

中古価格
¥4,160から
(2013/6/25 11:02時点)

ララミー牧場」は、日本では、1960年6月から1963年7月まで、日本教育テレビ(現テレビ朝日)で放送されました。
ジェス役のロバート・フラー(Robert Fuller)は大変な人気で、1961年4月に来日したときは社会現象的ブームとなりました。
また、番組の最後に、映画評論家の淀川長治が「西部こぼれ話」を担当していました。この番組をきっかけに、淀川長治は、「土曜洋画劇場」「日曜洋画劇場」の解説者となり、「さよなら、さよなら、さよなら」「また、お会いしましょう」という言葉で長く番組の顔として親しまれていました。
この主題歌を聴くと、「アメリカの西部だ!」「牧場だ!」という感じが強烈に伝わってきます。

<キャンペーン情報>夏フェス2013NAVI


夏フェス2013NAVIチケットぴあで、「SUMMER SONIC」「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」「FUJI ROCK FESTIVAL」「RISING SUN」「BAYCAMP」など今年も全国各地で開催される夏フェスの大特集「夏フェス2013NAVI」がスタートした。

PICKK UP FESTIVAL、エリア別フェスMAP、カレンダーなど、充実しています。ご利用ください。

行きたい2013年の夏フェス、イベントを見つけましょう。

(編集長)

チケットぴあ チケットぴあ

青春時代の心に残る女性シンガー


今日紹介する3曲は、それぞれ異なる女性シンガーが1972年~1973年にかけてリリースしたものです。
私がこの3人の女性シンガーで覚えている曲は、それぞれ、今日紹介する1曲ずつしかありません。
その頃私は20代で、それなりに女性を意識していた時代とかぶり、これらの曲を、今でも忘れることができません。
そして、今でもカラオケでもよく歌っています。

もとまろ|サルビアの花
http://www.youtube.com/watch?v=VDfxLoCccDw (YouTube)

POPCONシングルコレクション70’s

新品価格
¥3,179から
(2013/6/18 12:27時点)

もとまろ」は、女子学生3人のグループです。1972年リリースの「サルビアの花」は、ちょっとメランコリニックな感じの曲調です。そして、何故か曲の出だしの「いつも~いつも~・・・」のフレーズが記憶に強く残っています。
この歌詞にあるように、若いころは、映画「卒業」の有名なシーンと同じように、好きになった女性を諦めきれず、結婚式に乗り込み花嫁を奪って逃げてしまう行動を、「男の純情」と「正義」として感じていました。しかし、今の時代、これは犯罪になってしまいますね。
最近は、この歌をカラオケで歌いにくくなってきました。なぜなら、女々しくて、暗いストーカーの歌と思われてしまいますから。

高木麻早|ひとりぼっちの部屋
http://www.youtube.com/watch?v=1JRbCNQi4O8 (YouTube)

高木麻早

新品価格
¥1,355から
(2013/6/18 12:37時点)

高木麻早」は、1973年の「ヤマハ第5回ポピュラーソングコンテスト」に出場し、「ひとりぼっちの部屋」で入賞しました。そして同年9月にレコードリリースした「ひとりぼっちの部屋」は、40万枚を超えるヒットとなりました。
明るくカントリー風のメロディーと日常のたわいない歌詞が、「すう~っと」渇いた心に沁みていくような歌です。
一時音楽活動を休止していましたが、現在も名古屋で音楽活動を続けているとのことです。

丸山圭子|どうぞこのまま
http://www.youtube.com/watch?v=nJ4rutpq4Iw(YouTube)

丸山圭子 パーフェクト・ベスト

新品価格
¥1,890から
(2013/6/18 12:38時点)

丸山圭子」の「どうぞそのまま」は、1972年のリリースです。ボサノヴァでシックな曲調で、歌詞とともにやさしく、ささやかれるような声で、とても心が和んだ曲です。
有線放送からじわじわとヒットして50万枚のヒットとなった曲と、きいています。
聴き込むほどに、歌詞、曲とともに本当に「洒落ている」と思います。

「もとまろ」「高木麻早」「丸山圭子」の3人の歌は、歌謡曲ではなく「ニューミュージック」とよばれる世界だと思います。
だから、ここから、「松任谷由美(荒井由美)」「竹内まりや」「山下久美子」等、女性シンガーソングライターが彩る、「フォーク」でも「歌謡曲」でもない、新しい「ニューミュージック」の世界が出現してきたのだと思います。

「ひこうき雲」と「青い影」


Hikokigumo晴れ渡る青空に一筋の飛行機雲がビルの谷間から天高く伸びています。
ボストンのボイルストン通りで3年前のメモリアルディ・ウィークにたまたま写真に収めた風景です。
毎年5月最終週の月曜日はメモリアルディ(戦没将兵追悼記念日)として全米の休日です。その前の週末は墓参を兼ねた家族旅行などで観光地は賑わいます。日本のお盆休暇とも似た行事かも知れません。
この飛行機雲を撮った場所の近くで、今年4月ボストン・マラソン爆発事件がありました。

飛行機雲をテーマにした、「松任谷由実」(当時は荒井由実)の「ひこうき雲」と云う曲があります。夭折(ようせい)した旧友がモデルだそうです。

「ひこうき雲」
白い坂道が 空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが
あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は 昇っていく
何もおそれない そして舞い上がる

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

(作詞、作曲、唄:荒井由実)

荒井由実ひこうき雲 (from「日本の恋と、ユーミンと。」)
http://www.youtube.com/watch?v=Z2x9O1aNaoE (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥4,540から
(2013/6/17 11:41時点)

この曲をタイトル名としたアルバム「ひこうき雲」は、荒井由実のファースト・アルバムとして東芝EMI(当時)より、1973年にリリースされました。
ジャケットデザインは彼女の好んだアルヒーフ(独:Archiv、ドイツ・グラモフォンのバロック音楽中心の古典レコードレーベル)のデザインを模したようです。
そこに記されたタイトル名は「HIKŌ-KI GUMO」とヘボン式ローマ字で綴られています。今では殆ど見かけることが少なくなった長音の表記となっています。
2000年にリマスタリングされ発売されたCD盤の「ひこうき雲」もそのデザインは踏襲されています。

ひこうき雲

新品価格
¥2,149から
(2013/6/17 11:40時点)

このユーミンのデビュー・アルバム、そしてニューミュージックと称されることになる最初のアルバムには、「ティン・パン・アレー」(バンド、当時は「キャラメル・ママ」の名前で活動)のメンバーが深く関わっています。

  • ピアノ、コーラス:荒井由実
  • ベース、ガットギター、ナイロン・ストリングス・ギター:細野晴臣
  • キーボード、パーカッション、バンジョー、コーラス:松任谷正隆
  • ギター、パーカッション:鈴木茂
  • ドラム、パーカッション:林立夫

こんな強力なメンバーに恵まれ、念を入れたプローモーションにより誕生した荒井由実ですが、この曲が存在していなかったら違っていたかも知れません。
13歳の時に出逢ったと云う「プロコル・ハルム(Procol Harum)|青い影(原題:A Whiter Shade of Pale)」です。

プロコル・ハルム青い影
http://www.youtube.com/watch?v=buSzOh84QX4 (YouTube)

青い影~ベスト・オブ・プロコル・ハルム

新品価格
¥2,594から
(2013/6/17 11:41時点)

インスパイア(inspire)とパクリの境界がどの辺なのかは判りませんが、そこにはリスペクト (respect)があって、新たな創造となるなのかも知れません。
ユーミンが荒井由実から松任谷由実に変わるキッカケとも云われる、そのコード進行の原点はリスペクトから生まれた新たな才能だった思います。

昨年の音楽ソフト売上の好調を牽引したアルバムの一つ、「松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。」では最後のディスク:3の14曲目が「ひこうき雲」です。そして、15曲目のスペシャルトラックは、新録による「青い影/Procol Harum feat. Yuming」が収められています。このボーナストラックは本家のプロコル・ハルムのメンバーとロンドン・アビーロード・スタジオで収録されています。
そして共演ツアーも行われました(BIGLOBE 音楽芸能ニュース)。

「プロコル・ハルム|青い影」を聴くとどうしても思い出してしまう曲に、「つのだ☆ひろ|メリー・ジェーン」があります。ディスコ全盛時代から「青い影」と並んでチークタイムの定番曲として双璧の名曲だと思います。

つのだ☆ひろメリー・ジェーン
http://www.youtube.com/watch?v=8ivelogAviY (YouTube)

つのだ☆ひろエッセンシャル・ベスト

新品価格
¥1,025から
(2013/6/17 11:42時点)

更に、「青い影」のルーツを辿るとバロック音楽の中にも共通する佇まいを感じざるを得ません。

バッハG線上のアリア (Bach “Air on G String”)
http://www.youtube.com/watch?v=thQWqRDZj7E (YouTube)

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

新品価格
¥1,028から
(2013/6/17 11:42時点)

バロックの名曲を集めたコンピレーション・アルバム「パッヘルベルのカノン ~バロック名曲集」を聴いてみて下さい。日本の歌謡曲のルーツが見えてくるかも知れません。

荒井由実に多大な影響を与えた「青い影」ですが、他にもビートルズのジョン・レノンや山下達郎等にも少なからずインパクトがあったようです。

しかし、「プロコル・ハルム」と「青い影」は古典的な教会が良く似合います。
ロンドンのユニオン・チャペルで行われたライブ版のブルーレイ「Procol Harum|Live at the Union Chapel」がお薦めです。

Procol Harum|A Whiter Shade Of Pale (Live at the Union Chapel)
http://www.youtube.com/watch?v=p8jJ1ORIOes&noredirect=1 (YouTube)

Live at the Union Chapel [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,100から
(2013/6/17 11:42時点)

「荒井由実|ひこうき雲」が主題歌となった、ジブリ最新作「風立ちぬ」は7月20日から全国一斉に公開されます(公式サイト)。

チケットぴあ
一般発売 / 風立ちぬ/全国券 | 2013/7/20(土)~ | 全国の上映劇場

風立ちぬ サウンドトラック[共通特典CD付き]

新品価格
¥3,000から
(2013/7/15 10:28時点)

このアニメ映画には、零戦の設計者堀越二郎と小説「風立ちぬ」の作者堀辰雄へのリスペクトが込められているようです。

 

零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

新品価格
¥580から
(2013/8/9 09:58時点)

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

新品価格
¥380から
(2013/7/24 15:02時点)

セルジオ・メンデス、そしてブラジルへの憧れ「横倉裕」(2)


セルジオ・メンデス、そしてブラジルへの憧れ「横倉裕」(1)の続き

NOVO解散後、「横倉裕(よこくらゆたか)」は大学を中退し、音楽の活動拠点をアメリカへと移します。そして、ロサンゼルスでは憧れでもあるセルジオ・メンデスのもとで、ピアノ、和声学などを学びます。
また、フュージョンに和楽器を取り入れた日系3世のバンド「ヒロシマ(HIROSHIMA)」をはじめ多くのミュージシャンとの交流を深め、なかでも「デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)」との交流が、ファースト・アルバム「LOVE LIGHT」のリリースとなります。

横倉裕は4枚のアルバムをリリースしています。

横倉裕の4枚のアルバム

左から、LOVE LIGHT、YUTAKA、Brazasia、Another Sun。

  • LOVE LIGHT (1978年)

アメリカへと移った5年後にアルファ・レコード(alfa Records)よりリリースされたファースト・アルバムです。
当初は日本のみの発売でしたが、のちにアメリカでもリリースとなります。
また、のちにCDも発売されますが、購入したレコードとはジャケット・デザインなどが変更されてしまいました。

  • YUTAKA (1988年)

デイヴ・グルーシンに認められ、フュージョン・サウンドの代表的なレーベル「GRPレコード(GRP Records)」の日本人初の所属アーティストとなり、名前も「YUTAKA」と改名してリリースされたセカンド・アルバムです。
GRPはグルーシン・ローゼン・プロダクションズ(Grusin Rosen Productions)の略称です。
プロデュースは横倉裕とデイヴ・グルーシンの実弟「ドン・グルーソン(Don Grusin)」2人の共作で、このアルバムより琴も横倉裕が演奏しています。
また、ボーカル曲には「シーウィンド(Seawind)」の「ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)」を起用するなど、ロサンゼルスのトップ・ミュージシャンが参加しています。

Yutaka | Colors Of The Wind
http://www.youtube.com/watch?v=0oGp9wPo-0A  (YouTube)

Yutaka(feat. Pauline Wilson) | Waem And Sunny Sunday Morning
http://www.youtube.com/watch?v=1oVk-drg5GU  (YouTube)

YUTAKA

新品価格
¥1,080から
(2014/7/25 13:30時点)

  • Brazasia (1990年)

横倉裕プロデュースによるこのアルバムは、Brazasia(Brazil + Asia)というタイトルからも前の2作に比べブラジル色が強まった内容となり、ボーカル曲も増えています。
タイトル曲「Brazasia」はカナダ出身のジャズ・シンガー&ピアニストの「キャロル・ウエルスマン(Carol Welsman)」がカバーするなど、横倉裕を代表する曲です。このアルバムでもポリーン・ウィルソンとのデュエットが心地よく、ポリーンのファンにもお勧めも1曲です。

Yutaka(feat. Pauline Wilson) | Brazasia
http://www.youtube.com/watch?v=Ntrydq4E8Jg  (YouTnbe)

ブラザジア

新品価格
¥1,080から
(2014/7/25 13:32時点)

  • Another Sun (1993年)

このアルバムも横倉裕のプロデュースですが、3曲を憧れでもあり師でもあるセルジオ・メンデスと共同プロデュースしています。
やはりブラジル色が強いのですが、このアルバムでも琴が心地よく演奏されています。

Yutaka | Rain Dance
http://www.youtube.com/watch?v=DNb3luoezYc  (YouTube)

Another Sun

新品価格
¥2,138から
(2013/6/14 11:57時点)

残念なことにこの4枚以降はアルバム活動はなく、これらCDも既に廃盤となっていますので入手は難しいかもしれません。
この4枚のCDの再発売を望む声も多いのではと思います。

アルバム制作は4枚で終ってしまいましたが、以降もセッションマンやコンポーザー、プロデューサーとしての活動は行っており、セルジオ・メンデスのグループにいた「ケヴィン・レトー(Kevyn Lettau)」のアルバムへの参加や、前記「ポリーン・ウィルソン」のアルバム「Intuition」のプロデュースなどで名前を見ることができます。

その後の活動については情報も無く詳しくはないのですが、2006年に、「カルロス・“ユタカ”・デル・ロザリオ(Carlos “Yutaka” Del Rosario)」という名前に改名し、セルジオ・メンデスのバック・ミュージシャンとして活動しています。
テレビで見たのですが、2011年の東京Jazzにセルジオ・メンデスが出演した際もキーボーディストとしての参加をクレジットで見ました。
憧れのセルジオ・メンデスとの仕事は本人としては良いのかもしれませんが、ファンとしてはアーティストとしての才能があるだけに、またアルバムとして横倉裕を聴いてみたいです。

マイ・フェイバリット・レイン・ソングス


アジサイ台風3号が、梅雨らしさを運んできました。
街路樹のアジサイは、雨の日も、嫌いじゃないみたいです。

さて、6月の「お気に入り曲」のテーマは「雨」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのレイン・ソングを紹介します。

森高千里|雨
http://www.youtube.com/watch?v=EUFDLHEdOE0 (YouTube)

雨/渡良瀬橋

新品価格
¥903から
(2013/6/12 16:40時点)

たぶん、今までに一番カラオケで歌った曲です。「渡良瀬橋」とこの「雨」は、森高の歌の中では、一回聴いただけで覚えてしまうくらい、強く印象に残る曲でした。20年以上前の曲だと思いますが。(推薦者:Hiro)
森高千里は、セルフカバー曲を、毎週、発表しています。YouTubeの森高千里公式チャンネルで、ご覧いただけます。(Yamazaki)

ダニエル・リカーリ(Danielle Licari)|映画「シェルブールの雨傘」のテーマ曲
http://www.youtube.com/watch?v=aKydycZmUak (YouTube)

シェルブールの雨傘 [DVD]

中古価格
¥3,185から
(2013/6/12 16:41時点)

映画を観たのはオンタイムではなかったと思いますが、覚えています。「昼顔」といいカトリーヌ・ドヌーヴは本当にきれいな女優でした。この歌もラジオではよくかかっていて忘れられない一曲です。しっとりした恋、愛、別れ、今の時代にはないのかもしれませんね・・・。(推薦者:Hiro)
フランス語の響きがアンニュイな曲にはぴったりですね。この曲の小野リサバージョンも好きです。(Koji)
私も大好きな曲です。私のイチオシは「オードリー・ヘップバーン」でした。(MAHALO)
映画音楽の名曲です。(Yamazaki)

アルゲリッチ(Algerich)|ショパン:前奏曲第15番「雨だれ」
http://www.youtube.com/watch?v=ZaUX-BAaiFQ (YouTube)

決定版 ショパンのすべて

新品価格
¥7,980から
(2013/6/12 16:42時点)

「ピアノの森」は一色まこと原作の音楽マンガで、1998年の開始から15年が経過し、漸くショパン・コンクールの決勝に至りました。
主人公の一ノ瀬海(いちのせかい)が一次審査で弾いた曲に「ショパン|雨だれの前奏曲」があります。(16巻、第140話)
1965年の同コンクール優勝者マルタ・アルゲリッチの演奏でこの曲を確かめて下さい。
できればカイの演奏に対するアルゲリッチのコメントを聞いてみたい気がします。(推薦者:koji)

ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)|雨(LA PIOGGIA)
http://www.youtube.com/watch?v=_Ka1IDm_Rbo (YouTube)

ジリオラ・チンクェッティ ベスト&ベスト KB-204

新品価格
¥1,090から
(2013/6/12 16:43時点)

軽快なイントロで始まるこの「雨」は、如何にもイタリアンな雨といったところ。梅雨ない国の陽気な雨を感じます。
カンツォーネやサンレモ音楽祭を知ったのはジリオラ・チンクエッティの「夢見る想い」(Non ho l’eta)が最初でした。(推薦者:koji)
私も「雨」も良いのですが、やはり、ジリオラ・チンクェッティというと「夢見る想い」(Non ho l’eta)を思い出します。(Hiro)
シングル盤を今でも持っています。この曲も好きですが、のちにヒットした「つばめのように」(Volano le rondini)も好きです。(MAHALO)
軽快なヨーロッパのポップスも、いいですね。(Yamazaki)

アルバート・ハモンド(Albert Hammond)|カリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)
http://www.youtube.com/watch?v=-pyC7WnvLT4 (YouTube)

Greatest Hits

新品価格
¥512から
(2013/6/12 16:43時点)

梅雨時にこの曲を聴くと何故か爽快感を感じます。一種の憧れなのでしょうか。
「南カリフォルニアでは雨が降らない。でも、降ったら土砂降りさ。」(推薦者:koji)
私もこの曲は好きな曲の一つです。逆はりですね!(Hiro)
私も大好きな曲です。のちにヒットした「落ち葉のコンチェルト」も良いですね。(MAHALO)

アール・クルー(Earl Klugh)|Laughter In The Rain
http://www.youtube.com/watch?v=xteq35K6SsE (YouTube)

アール・クルー

新品価格
¥998から
(2013/6/12 16:44時点)

Ever Greenな曲を私もで紹介した曲です。ボーカルではやはりニール・セダカだと思いますが、アール・クルーのこのカバーもお勧めです。
ガット・ギターによるフュージョンは当時は斬新であり、レコードも擦り切れる程聴いた思い出があります。
嫌な雨の日も明るくするこの曲は、雨をテーマにした曲としては一番かと思います。(推薦者:MAHALO)
確かに、「雨の中のほほえみ」の感じですね。(Hiro)
当時ラジオでよく聞きました。(Yamazaki)

メリサ・マンチェスター(Melissa Manchester)|Bad Weather
http://www.youtube.com/watch?v=wnEZAY3xqsw (YouTube)

あなたしか見えない(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,895から
(2013/6/12 16:45時点)

この曲はスティーヴィー・ワンダー作で、オリジナルはダイアナ・ロス脱退後のザ・スプリームスのヒット曲です。リオン・ウェアのプロデュースによるアルバム「あなたにしかみえない」に収録されたこのカバーは、ボーカル、アレンジとも良くお勧めです。(推薦者:MAHALO)

大滝詠一|Bachelor Girl
http://www.youtube.com/watch?v=bt39D8sFF2A (YouTube)

EACH TIME 20th Annniversary Edition

新品価格
¥1,805から
(2013/6/12 16:45時点)

稲垣潤一の「バチェラー・ガール」のセルフカバーです。稲垣バージョンは、横浜ゴムのタイヤCMで使われました。この曲の歌いだしは「雨はこわれたピアノさ」。そして、ピアノの旋律が効果的です。夏の激しい雷雨をイメージします。(推薦者:Yamazaki)
いいですね!「恋するカレン」が大好きですが、この「独身女性」もカラオケでトライします。(Hiro)
稲垣潤一バージョンで聴いた冒頭の「雨は壊れたピアノさ」の部分が印象的でした。ピアノは色々なパターンの雨を表現してくれるようです。(Koji)
この曲も好きですが「大滝詠一」で「雨」の曲だと「雨のウェンズデイ」もですね。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

レディ・ソウルの異名を持つ「アレサ・フランクリン」


テレサ・テンカレン・カーペンター。このブログで好きな女性ボーカルを紹介して、ふと「アレサ・フランクリン」(Aretha Franklin)が頭に浮かんできました。
前の2人と比べると、私の好きな曲は圧倒的に少なく、もちろん、カラオケでもアレサの歌は全く歌えません。
でも、あまたいる女性ボーカルのなかで、何か直感的に「歌のうまい人」という印象が強い歌手です。

それもそのはず、アレサ・フランクリンは「米国ローリング・ストーン誌」の選ぶ「歴史上最も偉大な100人のシンガー」において堂々第1位です。
そして、2005年11月には、「アメリカ合衆国の国益や安全、または世界平和の推進、文化活動、その他の公的・個人的活動に対して特別の賞賛に値する努力や貢献を行った個人」に贈られる「大統領自由勲章」を、たぶん文化活動にて授与されています。
グラミー賞受賞回数は20回とこれまた、女性では歴代2位の回数を受賞しているという、最高レベルの女性ボーカルに間違いありません。

私が大好きな曲は、1968年リリースされた、「小さな願」(I say a little prayer)です。
そのころ、オーティス・レイ・レディング(Otis Ray Redding)の「ドック・オブ・ベイ」もラジオではよくかかっていていました。2曲ともに大変好きな曲です。2人ともに「ソウル」という音楽分野ではトップの人たちだと思っています。

Aretha Franklin|小さな願い(I say a little prayer)
http://www.youtube.com/watch?v=KtBbyglq37E (YouTube)
女性の愛する想い、切ないを恋心を相手に伝えて、そして、男性の心を振り向かせてほしいと祈りに託す、純粋で愛らしい女心の歌です。

アレサ・ナウ

新品価格
¥882から
(2013/6/11 11:18時点)

この「小さな願」は、ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアス出演の1997年のアメリカ映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」(My Best Friend’s Wedding)でも劇中に使われています。その1シーンは、こちらです。

My Best Friend’s Wedding | I say a little prayer for you
http://www.youtube.com/watch?v=lUyFZUKo6u8 (YouTube)

ベスト・フレンズ・ウェディング コレクターズ・エディション [DVD]

新品価格
¥991から
(2013/6/11 11:20時点)

「小さな願い」の1年前(1967年)に、「リスペクト」(Respect)で、ヒットチャートで7週間全米1位になりました。

Aretha Franklin – Respect [1967] (Original Version)
http://www.youtube.com/watch?v=6FOUqQt3Kg0 (YouTube)

Live at Filmore West (Dlx)

新品価格
¥1,021から
(2013/6/11 11:21時点)

この「リスペクト」の歌詩について、泉山真奈美さんが解説しています。
Sanseido Word-Wise Web [三省堂辞書サイト] Respect(1967, 全米No.1)/アレサ・フランクリン(1942-)
大変勉強になりました。

昨年2012年7月、アレサは70才で再婚しました!
3度目の結婚です。
何か「リスペクト」の歌詞を思い出してしまうのは、私だけではないのでは・・・。

アレサと「マライア・キャリー」(Mariah Carey)が「チェイン・オブ・フールズ」(Chain Of Fools)*を一緒に歌っています。二人とも抜群の歌唱力です。

Mariah Carey And Aretha Franklin|Chain Of Fools (HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=4wErvWqlMYY (YouTube)

5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET/ARETHA FRANKLIN

新品価格
¥1,539から
(2013/6/11 11:15時点)

現在も、自身のインディーズレーベル「Aretha Records」を立ち上げ、2011年に「A Woman, Falling Out of Love」を発売し、昨年は「How Long I’ve Been Waiting」をリリースしました。
現役で活躍中です。

* 編集部注:「チェイン・オブ・フールズ」はアレサ・フランクリンのアルバム「LADY SOUL」に最初に収録されました。紹介した「5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET / ARETHA FRANKLIN」に、この「LADY SOUL」が収納されています。もちろん、「小さな願い」と「リスペクト」を収録したアルバムも、収納されています。