カテゴリー別アーカイブ: テレビ、ラジオ

一筆書きの鉄道旅行記


俳優、関口知宏が世界各国を電車で旅する番組がありました。
私は関口が、電車の中とか、下車して訪れる出会いでの交わし合う言葉の、「さらっとした」、そして「ほのぼの」としたふれあいの映像とか、車窓から見える景色とか、中国の山岳地域独特の風景とか、この番組がとても好きでした。そして、また、この番組で使われている「大山百合香」の曲が番組の流れにぴたっとあって、そしてエンディングでいつも流れたとき、本当にこのような素敵な中国の旅をこの曲とともにやってみたいと、聴いていました。

「中国鉄道大紀行」のテーマ曲「光あるもの」曲も歌詞も素晴らしいと思います。

大山百合香 | 光あるもの
https://www.youtube.com/watch?v=k83HP6ntt00 (YouTube)

夏のしずく

中古価格
¥479から
(2017/5/12 15:45時点)

関口知宏の中国鉄道大紀行春の旅
https://www.youtube.com/watch?v=jSQJp0vmex8 (YouTube)

関口知宏のナビゲーションも本当にぴったりでしたが、この曲を歌った「大山百合香」の声と曲も映像にぴったりでした。

この番組の中国を観ていると、いろいろ政治的な摩擦とか、日本で報道される中国とか、日本に来る観光客の中国人の騒がしさ、などからはほど遠い、木訥とした生真面目で優しい、農村の人たち、50年前には、日本各地で観られた、本当に気さくで正直な田舎の農村の人たちと全く同じでした。
中国に対しての見方、考え方も、一辺倒に単純化して観るだけでは間違いだと思うようになりました。

そして、ヨーロッパ各国の旅。

関口知宏|訪秋|関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅・ポルトガル編より
https://www.youtube.com/watch?v=R_yqIuS3B30 (YouTube)

「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜」は、BShiで2005年に放送されたテレビ番組で、「春編」と「秋編」の2部構成となっています。
「春編」は、鹿児島県・枕崎駅を出発し福井県・九頭竜湖駅に到着まで。「秋編」は九頭竜湖駅から出発し北海道・根室駅まで。

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」春編
https://www.youtube.com/watch?v=sfVzsPPvUiU (YouTube)

福島邦子|空のコトバ|LIVE 2008
https://www.youtube.com/watch?v=_2LvxbEWGWo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト:コンプリート・シングルス

中古価格
¥1,549から
(2017/5/12 15:47時点)

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」秋編
https://www.youtube.com/watch?v=7gESZuuy09c (YouTube)

福島邦子|銀の月
https://www.youtube.com/watch?v=Y3H56Jxi3aI (YouTube)

旅のうた~NHK「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」

中古価格
¥638から
(2017/5/12 15:50時点)

福島邦子の旅の歌が、春編、秋編のテーマ曲としてぴったり合います。
日本の旅情を引き立てています。

ジャズ評論家だった「大橋巨泉」


今年、7月12日に大橋巨泉は亡くなりました。
思春期以降、テレビをみてると必ず大橋巨泉に出会ったような気がします。

私が大橋巨泉を知ったのは、日本テレビで放映された「11PM」だったと思います。司会は大橋巨泉の他に、愛川欽也、藤本義一が担当していました。
そこで大橋巨泉がジャズ評論家であること、ジャズシンガーマーサ三宅が元奥さんであったことなど、知りました。

ジャズ・プロデューサーの小針俊郎が、横濱ジャズプロムナードの公式ガイドに、以下を掲載してます。

「古き良き時代のヨコハマ」 大橋巨泉
音楽的にも横浜は自由で、結構若手がジャムっていた。当時開局したばかりのラジオ関東(現RFラジオ日本)に高桑敏雄君という秀れたディレクターが居て、発表の場のないモダン・ジャズメンのために、「モダン・ジャズ・コーナー」という不定期の番組を作ってくれた。ボクは構成と司会と運転手(予算がないので、東京の仕事が終わったジャズメンを横浜まで自分の車で運んだ)までやった。
ボクは構成と司会で一回二千五百円、ミュージシャンは一律一人千円であった。これで、渡辺貞夫、宮沢昭、八木正生、八城一夫、北村英治、西条孝之介らが喜んで出演してくれたのである。条件は「何でもやりたいものをやって良い」である。この番組から八城一夫の名演「モンキー・ドライバー」(お猿のカゴ屋)が生まれた。

http://jazzpro.jp/archives/yjp2013/interview_2013

私の中のJazzの町「ヨコハマ」の代表は、「渡辺貞夫」になります。大橋巨泉の司会でヨコハマで演奏していたのですね。

渡辺貞夫|マイ・ディア・ライフ
https://www.youtube.com/watch?v=JJtvVh3wRbE (YouTube)

マイ・ディア・ライフ

新品価格
¥3,880から
(2016/9/23 16:10時点)

  • sa: 渡辺貞夫
  • conga,perc: スティーブ・フォアマン)
  • el-g: リー・リトナー
  • ac-p: デイブ・グルーシン
  • ds: ハーヴィー・メイソン
  • el-p: チャック・レイニー

「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」*というラジオ番組が、FM東京(TOKYO FM)で放送されていました。深夜でしたがよく聴いた記憶があります。
ジャズのコンサートの模様や、スタジオでのライブセッション、インタビュー、などおもしろかったです。

大橋巨泉が出演していてよく観てたTV番組は、

  • 11PM(日本テレビ) 1966年4月 – 1985年9月
  • クイズダービー(TBS) 1976年1月 – 1990年3月
  • 世界まるごとHOWマッチ(TBS) 1983年 – 1990年
  • ビートポップス(フジテレビ) 1966年 – 1970年
  • 巨泉×前武ゲバゲバ90分!(日本テレビ) 1969年10月 – 1971年3月

「ビートポップス」は、今でもよく覚えています。

ビートポップス 1970年1月10日放送(音声のみ)
https://www.youtube.com/watch?v=aBcgQLaJ0CE (YouTube)

テーマソングは、「Green Onione」でした。

ブッカーT&MG’s(Booker T and MG’s)|グリーン・オニオン(Green Onione)
https://www.youtube.com/watch?v=lNtnDq3ePnU (YouTube)

Green Onions

新品価格
¥592から
(2016/9/23 16:13時点)


毎週土曜日午後3時からフジテレビで、司会は大橋巨泉と ミュージックライフ編集長の星加ルミ子と音楽評論家の木崎義二。そして、ダンスの振り付け師の藤村俊二がでていました。ここで知った、フランス人歌手「シルヴィ・ヴァルタン」の「アイドルを探せ」が私が買った最初のレコードでした。

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|アイドルを探せ(La plus belle pour aller danser)
https://www.youtube.com/watch?v=IP2fTeOm788 (YouTube)

あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

新品価格
¥1,389から
(2016/9/23 16:14時点)


ビートルズ、ローリング・ストーンズ、アニマルズ、ホリーズ、ビージーズ、ウォーカー・ブラザース、ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス、ママス&パパス、スプートニクス、シーカーズ、ゾンビーズ、オーティス・レディング、スコット・マッケンジー、ボビー・ソロ、このころ知った歌手、曲は、今でも覚えています。
また女の子がミニスカートでGOGOダンスをお立ち台で踊っていて、TV画面を通して、「ジャズ喫茶」「GoGo喫茶」の雰囲気を感じて、東京に強いあこがれを抱きました。

そして、シルヴィ・ヴァルタンと同じくらい印象に残っているのは、「ウォーカー・ブラザーズ」です。メンバーは、スコット・ウォーカー、ゲイリー・ウォーカー、ジョン・ウォーカー。「太陽はもう輝かない」、「孤独の太陽」、「ダンス天国」などのヒット曲がありますが。私はこの「Make It Easy On yourself」が好きです。

ウォーカー・ブラザーズ(The Walker Brothers)|涙でさようなら(Make It Easy on Yourself)
https://www.youtube.com/watch?v=bZTS9H-l5qQ (YouTube)

After the Lights Go Out

新品価格
¥481から
(2016/9/23 16:15時点)


大橋巨泉は、テレビという大衆娯楽のメディアをどのように楽しめば良いのか、TV番組としてリードしてきた気がします。もちろん、対象となった年齢層は「団塊の世代」です。戦争体験も無く、何のてらいもなく欧米文化を受け入れ、欧米の豊かさにあこがれた世代です。大多数が例外なく、未来に希望をもって、日々豊かになる現実を体現できた世代です。そのシンボルとして大橋巨泉は存在していた気がします。

編集部注* 「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」は、1989年まで放送されていました。現在は後継番組の「渡辺貞夫 ナイトリー・ユアーズ」(Nightly Yours)が、TOKYO FMとJFM系FM局で放送しています。

至高の作詞家・永六輔「見上げてごらん夜の星を」~「明日咲くつぼみに」


永六輔作詞の曲で、好きな曲がたくさんあります。

  • 黒い花びら (水原弘)
  • 黄昏のビギン (水原弘、ちあきなおみ)
  • 上を向いて歩こう (坂本九)
  • 帰ろかな (北島三郎)
  • 見上げてごらん夜の星を (坂本九)
  • おさななじみ (デューク・エイセス)
  • いい湯だな (デューク・エイセス)
  • 女ひとり (デューク・エイセス)
  • こんにちは赤ちゃん (梓みちよ)
  • 遠くへ行きたい (ジェリー藤尾)
  • 二人の銀座 (和泉雅子・山内賢)
  • レットキス(ジェンカ) (坂本九)
  • 若い季節 (ザ・ピーナッツ)
  • 明日咲くつぼみに (三波春夫)

その中でも好きな曲は、

坂本九|見上げてごらん夜の星を
https://www.youtube.com/watch?v=3hNQsRmAAC0 (YouTube)

メモリアル・ベスト

新品価格
¥1,645から
(2016/9/9 18:16時点)


1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌。数多くのミュージシャンがカバーし、それぞれ素晴らしい歌となっています。
数多くあるカバーの中で、

夏川りみ|見上げてごらん夜の星を
https://www.youtube.com/watch?v=w8guDK6QO3w (YouTube)

歌さがし~リクエストカバーアルバム~

新品価格
¥2,680から
(2016/9/9 18:18時点)


都会では、夜空を仰いで満天の星空を観ることは、今はできないことですが、先日、北海道の知床に行きまして、降ってくるような星空をみました。「本当に小さな星、小さな光」が白い霞のように大空に横たわっていました。
曲の始めと終わりに、「星に願いを」の一小節が入っています。
ディズニーの「星に願いを」と同じくらい、好きな曲です。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)|星に願いを(When You Wish Upon A Star)
https://www.youtube.com/watch?v=A0L5TnemXJs (YouTube)


デューク・エイセス|おさななじみ
https://www.youtube.com/watch?v=S31b7bqBfGY (YouTube)

60周年記念盤

新品価格
¥2,754から
(2016/9/9 18:21時点)


「続おさななじみ」など、その後の歌詞もあるようですが、やはり、曲としては、おさななじみの二人の子供たちが、同じように幼稚園に入った、というフレーズで繰り返されるのが、ほのぼのとして良いと思います。永六輔の詩には、本当にほのぼのとした、人の温かさを感じます。歌にはこのような人を包み込んでくれる曲も心に残ります。


三波春夫|明日咲くつぼみに
http://v.youku.com/v_show/id_XNDY2NzUyMzc2.html (海外動画サイト)

明日咲くつぼみに (MEG-CD)

新品価格
¥1,080から
(2016/9/9 18:22時点)


この曲にまつわるエピソードを紹介します。

明日咲くつぼみに(No.100)|利ちゃんの ちょっといい話し
http://kobayashi2.fc2web.com/Goodstory/goodstory100.htm

作詞・永六輔と歌い手・三波春夫の曲を作り上げた深さを感じで感動を覚えます。

リオ2016 オリンピック音楽特集


8月5日から、ブラジルのリオデジャネイロで夏季オリンピックが始まりました。南アメリカ大陸で、初開催です。治安やジカ熱、ジカウイルスといったインフラ面の問題点はあるようですが、熱い戦いを期待します。

テレビ中継のテーマソングを集めました。

NHK
安室奈美恵|Hero(ヒーロー)
https://www.youtube.com/watch?v=YJt7KRmv2bQ (YouTube)

Hero(DVD付)

新品価格
¥1,664から
(2016/8/11 14:37時点)

日本テレビ
嵐|Power of the Paradise(パワー・オブ・ザ・パラダイス)
https://www.youtube.com/watch?v=0XwPoc81NXs (YouTube)

Power of the Paradise(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥946から
(2016/8/11 14:36時点)

TBS
SMAP|ありがとう

スマップ・エイド(しあわせのYELLOW-AIDハンカチ、げんきのRED-AIDハンカチのいずれか1種封入)

新品価格
¥11,000から
(2016/8/11 14:35時点)

テレビ朝日
福山雅治|1461日

1461日

新品価格
¥250から
(2016/8/11 14:35時点)

フジテレビ
EXILE|Joy‐ride ~歓喜のドライブ~
https://www.youtube.com/watch?v=KGil3-FGSVw (YouTube)

Joy-ride ~歓喜のドライブ~(CD+DVD)

新品価格
¥1,297から
(2016/8/11 14:33時点)

テレビ東京
和楽器バンド|起死回生
https://www.youtube.com/watch?v=wKEAZv-w89Q (YouTube)

起死回生(DVD+CD)(スマプラ対応)(初回生産限定盤)

新品価格
¥1,921から
(2016/8/11 14:31時点)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

三十数年の時をかける少女「原田知世」


ミュージックフェア(SHIONOGI MUSIC FAIR)はフジテレビ系列で放送(土曜日18:00~18:30)されている音楽番組です。前の東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)8月31日に放送が始まり、2016年(平成28年)の現在でも放送されている長寿番組です。
また、今年で50年目を迎え話題になっている日本テレビ系列の「笑点」より長く、日本でレギュラー放送されている全ての週間番組の中で最長寿番組(wikipedia 長寿番組の一覧)のようです。

そのミュージックフェアの先日5月14日の放送で偶然に目にしたのが、懐かしい原田知世(はらだ ともよ、1967年長崎市生まれ)です。
「角川三人娘」として1983年公開の映画「時をかける少女」(大林宜彦監督)に15歳で主演デビューしたのが彼女でした。その映画の主題歌「時をかける少女(作詞・作曲:松任谷由実)」も歌っており、そちらも大ヒットしています。
映画のストーリー以上に、彼女の歌う「と~き~を~かけるしょうじょ」のフレーズが蘇ります。
その彼女が三十数年の時を経て、ミュージックフェアへの初登場だったようです。
デビュー当時の彼女とほぼ同世代のアイドルグループ「欅坂46」との初コラボ映像があります。
正直、「欅坂46」のメンバーの識別は私には全く不能ですが、「乃木坂46」の妹分とのことで、こちらも初登場のようです。その顔の識別が難しいアイドルグループの最年少は14歳でセンターを務めているそうです。

原田知世×欅坂46 | 時をかける少女 (MUSIC FAIR 2016-05-14)
https://www.youtube.com/watch?v=CTWw81EDoZo (YouTube)

その原田知世の出世作である映画「時をかける少女」の原作は筒井康隆(つつい やすたか、1934年 – )の1967年に刊行されたSF小説で、数多くのドラマや映画化がされており、原田以降、南野陽子、内田有紀、安倍なつみ、仲里依紗等がヒロイン役を務めています。
7月から日本テレビ系列で黒島結菜(くろしま ゆいな、1997年沖縄県糸満市生まれ)主演で土曜21時枠で連続ドラマとして放送される予定です。

「時をかける少女」9回目の映像化 世代超えた筒井康隆ブームが到来か  (livedoor・NEWS)

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

新品価格
¥475から
(2016/5/27 22:03時点)


そんな中で、私にとってはやはり15歳の原田知世が透明感のある声で主題歌を歌う映画のシーンは秀逸ですし、永遠のアイドルと云えます。

原田知世 | 時をかける少女 (1983年 映画「時をかける少女」より)
https://www.youtube.com/watch?v=WevRYlrTWCw (YouTube)

時をかける少女 ブルーレイ [Blu-ray]

新品価格
¥1,854から
(2016/5/27 22:05時点)

時をかける少女

新品価格
¥1,701から
(2016/5/27 22:06時点)

そして、原田知世の歌う「時をかける少女」の1983年から2014年迄の各年代のバージョンが聴くことのできるYouTube動画がありますので紹介しておきます。

原田知世 | 時をかける少女_歴代:83年,87年,07年,09年,14年
https://www.youtube.com/watch?v=k7Ge6xOmdFU (YouTube)

素直で透明感のある最初のバージョンから、最近の脱力感が加わった最近のバージョンに至る変遷を比べてみて下さい。アルバムとしてはボサ・ノヴァ・ギタリストの伊藤ゴロー(いとうごろー、本名:伊藤尚規)をプロデューサーに迎えてのセルフカバー収録の「music & me」がお薦めです。

music & me

新品価格
¥2,916から
(2016/5/27 22:07時点)


彼女の最近の活動としては、女優としての露出以上に歌手活動が充実しているようです。
昨年3月リリースの英語曲をカバーしたアルバム「恋愛小説」や今年5月リリースの邦楽曲カバー・アルバムの「恋愛小説2~若葉のころ」がその魅力を感じさせてくれます。
Amazonの「J-ジャズ」や「ジャズ・フュージョン」のジャンルでチャート上位を継続しています。

原田知世 | アルバム『恋愛小説』release party
https://www.youtube.com/watch?v=OC6TwhIDm6w (YouTube)

恋愛小説

新品価格
¥2,880から
(2016/5/27 22:07時点)


原田知世 | アルバム 『恋愛小説2~若葉のころ』ダイジェスト・ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=cXrDABayeMo (YouTube)

恋愛小説2~若葉のころ

新品価格
¥3,150から
(2016/5/27 22:08時点)


そんな彼女の同一ブランドで20年続くコーヒーのCMはいつも新鮮です。こちらもCM出演時間が日本一になったらしいです。

原田知世【ブレンディ CM】
https://www.youtube.com/watch?v=8XRP2JdiizI (YouTube)

AGF ブレンディボトルコーヒー 無糖 900ml×12本

新品価格
¥1,670から
(2016/5/27 22:10時点)

AGF ブレンディボトルコーヒー 低糖 900ml×12本

新品価格
¥1,620から
(2016/5/27 22:11時点)

BGM考「路線バスで寄り道の旅」


いろいろ音楽関係の情報をメールで定期的に送ってくれる方がいます。
その方から、先日「BGM」についての話についてのメールがきました。

「テレビのドキュメンタリー番組、旅行番組などで流れるBGM。BGMで番組の製作スタッフのセンスを垣間見るのが割と好きです。」というメールでした。

本当ですね。

「紹介される場面や会話に引っ掛けた駄洒落っぽいものや場面転換のアクセントとして使われたり、普段余り聴かれることの無い、昔好きだった曲が聞こえて来ると思わずオーっと喜んでしまいます。」

はい、全くその通りでした。
そして、私は残念ながらあまり観たことはなかったのですが、

「日曜の午後の人気番組「路線バスで寄り道の旅」。徳光和夫アナウンサーと田中律子さんが、毎回ゲストを迎えて取りあえずの目的地を決めてアバウトに路線バスを乗り継いで、気ままに寄り道をする非常にゆる~い番組」について書いてありました。

先の放送で、国分寺を出発して小平~吉祥寺~仙川~成城学園~二子玉川、という西東京を巡るバス乗り継ぎ。バックに流れたのは吉田拓郎の「ともだち」、長渕剛の「巡恋歌」、そしてシモンズの「恋人もいないのに」の3曲だったとの事でした。

「路線バスで寄り道の旅」2016年2月7日放送分
http://www.tv-asahi.co.jp/rosenbus/backnumber/160207/ (テレビ朝日)

吉田拓郎|ともだち
https://www.youtube.com/watch?v=RbJMb83uVHU (YouTube)

よしだたくろう・オン・ステージ!! ともだち

新品価格
¥1,262から
(2016/4/29 21:46時点)


この曲は1971年に発表されました。友人との訣別をテーマにした歌です。カントリーっぽい曲調ですが、歌詞は若い時の友達関係が本当によく言い表らされていると思います。
お互い将来への夢を持ってる友達、そして、その道が違って、別々な道を歩むことになった、友達、、その別れのほろ苦さを、「ばかやろ~って言ってほしかった」、言い忘れたんでしょ、、って。何か青春そのものです。

「旅」とは、こう言った何か「ほろ苦さ」をかかえているものなのかも知れません。

長淵剛|巡恋歌
https://www.youtube.com/watch?v=T-tjkorn6Jw (YouTube)

長渕 剛 1978年~1981年

新品価格
¥2,413から
(2016/4/29 21:51時点)


長渕剛の「巡恋歌」は1978年10月5日に発売され、長渕剛が不遇の時代に書き綴った歌詞とのことです。メジャーデビューの切っ掛けとなった曲とのことです。

シモンズ|恋人もいないのに
https://www.youtube.com/watch?v=pPGvI6unbSI (YouTube)

恋人もいないのに

新品価格
¥1,680から
(2016/4/29 21:52時点)


シモンズの名前は二人がファンであった「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みしたものとの事です。

ハーモニーが綺麗な「恋人もいないのに」はシモンズのデビュー曲です。「五つの赤い風船」の西岡たかしが作曲しました。本当は彼女たちのデビュー曲として書かれたのはザ・フォーク・クルセダーズの北山修と加藤和彦が書いた「あの素晴しい愛をもう一度」だったそうですが。1971年第13回レコード大賞の新人賞受賞曲でした。

この路線バスの旅のどこで、どの曲が流れたのかわかりませんが、私がもし観ていたら、「国分寺」、「吉祥寺」、「二子玉川」と懐かしいところと懐かしい曲とで、青春時代へプレイバックできたかもしれません。

忘れないコマーシャルソング「スタート・ミー・アップ」~「星影のバラード」


新年を迎え、そして早いものでもう1月を過ぎてしまいました。 年末、年始にかけては、ボーナス、忘年会、クリスマス、新年、年末年始の休日、成人式など、1年の中でも、「イベント」が目白押しで、気分がわくわくする時期でもあります。

ですので、昔から、TVコマーシャルなども特別編を作って流しています。今までにコマーシャルで印象に残った曲は何だろう、と考えてみました。本当にたくさんあります。
その中で、本ブログで書いているのですが、もう一度書きたくなった曲がありました。

まず、「ザ・ローリングストーンズ」の「Start Me Up」です。
本ブログで、何回か取り上げた曲です。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|スタート・ミー・アップ(Start Me Up)
https://www.youtube.com/watch?v=SGyOaCXr8Lw (YouTube)

Tattoo You

新品価格
¥3,368から
(2016/2/5 14:20時点)


今年8月24日、マイクロソフトは「Windows 95」の発売から20年経ったのを記念して、「Windows 95 20周年記念」として、ザ・ローリング・ストーンズの「Start Me Up」を24日の1日のみ、無料でダウンロード(Microsoft Store)の記念サービスを実施しました。もちろん、「Start Me Up」はWindows 95のCMソングでした。

マイクロソフト Windows 95 CM|Start Me Up
https://www.youtube.com/watch?v=ocmJE2O4uIU (YouTube)

余談ですが、Apple社のスティーブ・ジョブスはマックの第1号機が完成した時に、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーにマックをプレゼントしたそうです。
結成50年超えのローリング・ストーンズで、「ビル・ゲイツ」と「ミック・ジャガー」の話を書きましたが、パソコンの二人の大物立役者が、ザ・ローリングストーンズのファンだったとは...。

マイ・フェイバリット・コマーシャル・ソングスでも紹介した曲ですが、Sam Cookの「Wonderful World」。1986年の「リーバイス」のCMです。

サム・クック(Sam Cooke)|ワンダフル・ワールド(Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=jNO72aCnVr0 (YouTube)

Wonderful World

新品価格
¥1,335から
(2016/2/5 14:26時点)


リーバイスCM(1986年)|Wonderful World
https://www.youtube.com/watch?v=vNmZOJaJJAg (YouTube)

歌ってるのはSam Cooke本人ではなさそうです。このコマーシャルはいいですね。ただ、私の記憶に残っている映像と少し違うような気もします。

「Wonderful World」は、1960年リリースのヒット曲です。「歴史も、生物学も、科学も、フランス語も、地理も、三角法も、代数学も学び、素敵な世界に」。学生時代の恋の、相手に自分をよく見られたいと思う恋の歌。

Wonderful World

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

Don’t know much about geography,
don’t know much trigonometry.
Don’t know much about algebra,
don’t know what s slide rule is for.
But I know that one and one is two,
and if this one could be with you,
what a wonderful world this would be.

I don’t claim to be an ‘A’ student,
but I’m tryin’ to be.
For maybe by being an ‘A’-student, baby,
I can win your love for me.

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

History
Biology
Science book
French I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be

「More Than I can say」は「レオ・セイヤー」のカバーが有名です。1989年、この曲も「リーバイス」のCMで使われました。 オリジナルは、「Buddy Holly’s band the Crickets」のメンバーだった「Sonny Curtis」と「Jerry Allison」の曲です。 1960年にリリースされています。

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=dGKnSdikqjw (YouTube)

Show Must Go On: Very Best of

新品価格
¥674から
(2016/2/5 14:26時点)


ボビー・ヴィー(Bobby Vee)|More Than I Can Say
https://www.youtube.com/watch?v=LwIAEgP9gKc (YouTube)

邦題は、「星影のバラード」です。歌詞では「I’ll love you twice as much tomorrow」とか「Why must my life be filled with sorrow」とか、青春の恋心を歌っていて思わず、ほろ苦い思い出が浮かんできます。

「題名のない音楽会」の最近の題名から


題名のない音楽会」(英語表記:Untitled Concert)は1964年8月から続いている音楽番組で、現在はテレビ朝日で日曜日の9:009:30(30分)に放送されています。
途中中断等があったものの、クラシック音楽番組として世界最長寿番組としてギネス世界記録に認定されています。
その番組の六代目司会者として、当ブログの記事(冬のボストン「ある愛の歌」(2))に登場したヴァイオリニストの神童 五嶋龍(ごとう りゅう、1988年アメリカ合衆国ニューヨーク出身)が、昨年の10月4日放送分より交代しました。番組史上最年少の27歳での就任です。

『題名のない音楽会』7年半ぶり司会交代 佐渡裕から神童五嶋龍へバトンタッチ
https://www.youtube.com/watch?v=85ecgL3-0o8 (YouTube)

その五嶋龍と五代目司会者の指揮者 佐渡裕(さど ゆたか、1961年京都府京都市出身)の接点として20年前にこんなシーンがありました。五嶋龍7歳の時の演奏です。

1995 – Ryu Goto Plays Paginini at age 7
https://www.youtube.com/watch?v=aMMd45XFqRY (YouTube)

そして10年後の2005年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、アルバム「Ryu Goto」でデビュー当時の演奏風景です。未だ、ハーバード大学物理学科入学前の18歳頃です。

2006 – Ryu Goto Plays Ravel Tzigane
https://www.youtube.com/watch?v=fDRXNylLtmo (YouTube)

Ryu Goto

新品価格
¥2,571から
(2016/1/29 14:15時点)


五嶋龍が司会を担当するよになった、昨年の10月以降の「題名のない音楽会」のその「題名」は次の通りです。

ニューヨーク在住の五嶋龍ですから、これらの収録の予定に合わせて来日していると思われます。1回の来日で何回分を収録しているのかは分かりませんが、結構撮り貯めをしているのでしょう。併せて、国内ツアーもある筈です。

この4か月間のリニューアルされた「題名のない音楽会」を観た範囲では、「司会者 五嶋龍」というより、「演奏家 五嶋龍」としての出演のように思ってしまいます。
殆どの放送回で彼のヴァイオリン演奏があります。
視聴可能なYouTube映像がありますので、放映内容から彼の最近の演奏を確認してみて下さい。

バッハを日本古典でアップデート(2015.10.04放送より)
https://www.youtube.com/watch?v=rDAEzPMUvMw (YouTube)

ゲーム音楽史の音楽 五嶋龍イチオシ曲(ゼルダの伝説)(2015.11.22放送より)
https://www.youtube.com/watch?v=CF8SMGJV_PM (Youtube)

五嶋龍が奏でる感情を届ける超絶技巧(レジェンデ)(2015.12.06放送より)
https://www.youtube.com/watch?v=qb5MX9UzDFY (YouTube)

27歳となった「神童 五嶋龍」が様々なな形でチャレンジしている様子が毎回伺えます。様々な分野の演奏家との共演もまた楽しませてくれます。
また、ショパン・コンクール(当ブログ関連記事)で話題となった小林愛実(2016.01.17放送)やユンディ・リ(2015.12.27放送)といった話題の人物も登場しました。

或は、フィギアスケートの音楽(2015.12.13放送)も特集されました。

Yuzuru Hanyu 2015 FS SEIMEI
https://www.youtube.com/watch?v=O7sWpyBg7So (YouTube)

今年の世界フィギアスケート選手権は当ブログゆかりの都市ボストンで3月28日から4月3日に開催されます。応援ツアーは如何でしょうか。

2016 ISU 世界フィギュアスケート選手権 ボストン 3泊4日 (H.I.S.)

TD Garden in Boston, Massachusetts from the Rose Kennedy Greenway

TD Garden in Boston, Massachusetts from the Rose Kennedy Greenway

フィギュアスケート・ミュージック 2015-2016

新品価格
¥1,944から
(2016/1/29 14:16時点)


(注)残念ながら羽生結弦のフリー曲「SEIMEI」は収録されていません。

そして、CDデビュー10周年、コンサート・デビュー20周年になる五嶋龍の初ベストアルバム「リフレクションズ」が昨年の10月リリースされています。耳に馴染みのある有名曲で構成されているので親しみやすいと思います。

五嶋 龍 – REFLECTIONS ティーザー
https://www.youtube.com/watch?v=o_8IgUJjfmc (YouTube)

リフレクションズ

新品価格
¥2,677から
(2016/1/29 14:17時点)

TOKYO FM「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム」2015/10/25


10月25日(日)、TOKYO FMで「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム」が放送されます。放送時間は、19:00~19:55です。

8月21日(金)~8月22日(土)の二日間、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で、「松本隆」作詞活動45周年記念コンサート「風街レジェンド2015」が開催されました。当日は、元「はっぴいえんど」メンバーの松本隆、細野晴臣、鈴木茂を中心に、日本を代表する豪華出演者が、松本隆作の時代を彩った名曲を演奏しました。

TOKYO FMで放送される「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム」では、8月21日(金)の模様を、ダイジェストで放送します。

全曲名曲!奇跡のライブを、ラジオ独占オンエア!TOKYO FM開局45周年記念特別番組「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム」
全曲名曲!奇跡のライブを、ラジオ独占オンエア!TOKYO FM開局45周年記念特別番組「風をあつめて~風街レジェンド2015 Live at 東京国際フォーラム」

松本 隆「風街レジェンド2015」
松本 隆「風街レジェンド2015」~作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト~
~作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト~

BRUTUS(ブルータス) 2015年 7/15 号 [雑誌]

中古価格
¥596から
(2015/10/24 23:18時点)

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2015年 07 月号

中古価格
¥664から
(2015/10/24 23:19時点)

松本隆WORKSコンピレーション「風街少女」

中古価格
¥3,000から
(2015/10/24 23:27時点)

松本隆WORKSコンピレーション「風街少年」

中古価格
¥3,198から
(2015/10/24 23:27時点)

松本隆に捧ぐ-風街DNA-

中古価格
¥328から
(2015/10/24 23:21時点)

新・風街図鑑

中古価格
¥3,390から
(2015/10/24 23:21時点)

風街クロニクル~another side of happy end~

中古価格
¥1,910から
(2015/10/24 23:24時点)

風街図鑑 風編

中古価格
¥22,860から
(2015/10/24 23:24時点)

風街図鑑 街編

中古価格
¥5,600から
(2015/10/24 23:25時点)

松本隆/風街図鑑

中古価格
¥9,160から
(2015/10/24 23:29時点)

「やしきたかじん」の真髄


たまたま、YouTubeで「たかじんのそこまで言って委員会」の動画を見つけて、観始めたら、結構み続けてしまいました。大阪のよみうりテレビで、2003年7月から放映されている番組です。2014年に「やしきたかじん」が亡くなってからも遺言により、「そこまで言って委員会NP」として番組放映は続けています。

番組は、週のニュースから、社会、政治、経済、芸能、スポーツ、男女の事件簿等々、あらゆるジャンルのテーマを取り上げ、議題とし、出演者が討論を行うというものです。関西でしか放送されていませんでしたので、この番組のことはずっと知りませんでした。
番組を放送したよみうりテレビは、番組スポンサーを設けず、番組中に挿入されるCMはすべてスポットCMとして、できるだけスポンサーの意向に左右されにくい番組にしている、との事でした。
「やしきたかじん」が何かを話すわけでは無く、出演者たちがいろいろ自分の考え、意見をいうという内容で、テレビ朝日の「朝まで生テレビ!」とか、「ビートたけしのTVタックル」のような番組です。
出演者の意見が過熱すると、「やしきたかじん」が出演者の雛段の前を行ったり来たりして、ちょっと笑いを入れて話をずらして、軌道修正するというような、関西の乗りを感じる番組です。
その番組での「やしきたかじん」のセンスや、話の巧さ、間の取り方、そして、また、いろいろな逸話「傍若無人」「無頼的」「東京嫌い」「喧嘩好き」などなど、興味を持ち、他の番組などもYouTubeで探して観るようになりました。

YouTubeで探して観た「たかじんnoばぁ〜」も大変おもしろい番組でした。こちらも、よみうりデビの制作で、1992年10月から1996年7月の4年間、日本テレビ系列局で放送されていたとの事です。実際にの放映期間中では観ていませんでした。
たかじんは、この番組では、まず、「自分が酔わなくてはいけない」と話していたそうです。番組の最後で、たかじんが自分の持ち歌やお気に入りのジャズやシャンソンを歌っています。あらためて、「やしきたかじん」の歌のうまさを知りました。

「やしきたかじん」の歌では、「やっぱ好きやねん」と「東京」という曲は知っていましたが、カラオケで歌うことはありませんでした。

「やっぱ好きやねん」は、1986年に発売されたやしきたかじんの13枚目のシングル曲です。

やしきたかじん|やっぱ好きやねん
https://www.youtube.com/watch?v=TXRyX8GbcY4 (YouTube)

たかじん やっぱ好きやねん ‐シングル・コレクション‐

新品価格
¥2,045から
(2015/7/24 15:19時点)

もう一度 やり直そうて
平気な顔をして いまさら
さしずめ 振られたんやね
あんた わがままな人やから

嘘のひとつもつかないで
出てったくせに
過ぎた事やと笑ってる
あんたを 憎めりゃいいのにね

見なれた 街の灯りが
なぜだか 鮮やかに 映るわ
あんたの胸で寝てると
不思議 あの頃と同じやね
一度おわった恋やもん
こわれても もともと
つくづく めでたい女やと
自分で自分を笑うけど

やっぱ好きやねん やっぱ好きやねん
くやしいけど あかん
あんた よう忘れられん
やっぱ好きやねん やっぱ好きやねん
きつく抱いてよ 今夜は

「やしきたかじん」は大阪北新地のクラブの女性をアフター*でひきつれて、飲み食べ歩き、それとなく親しくなった女性を家に連れて帰るが、下心はなく、自分はソファーに寝て、女性を自分のベッドに寝かせる、とか、何か、こういう男の優しさに女性が惚れると…。
この歌のように男の身勝手も許してしまうほどになるのかなぁ、とも思います。「やしきたかじん」にぴったりの歌です。
カラオケでこの歌を歌うのは難しいのですが、是非、この曲を歌えるようになりたいと思っています。

「機動戦士ガンダム(劇場版3部作の第1作)」の主題歌、「砂の十字架」は、やしきたかじんの7枚目のシングルで、1981年発売。
谷村新司の作詞・作曲です。

やしきたかじん|砂の十字架
http://dai.ly/x2o1yee (Dailymotion)

GUNDAM SINGLES HISTORY

新品価格
¥2,309から
(2015/7/24 15:27時点)


曲調が「やしきたかじん」のイメージでは全くありませんが、本当に歌が上手だと思いました。
「やしきたかじん」の7枚目のシングルで、1981年の発売。作詞作曲は谷村新司(アリス、桃山学院大学の先輩、桃山学院高校の同級生は、アリスの堀内孝雄)。

笹沢左保の股旅物時代小説「木枯らし紋次郎」を「新・木枯し紋次郎」として、東京12チャンネルが1977年から放映。中村敦夫は主演、「やしきたかじん」が主題歌「焼けた道(作曲:猪俣公章)」を歌いました。

たかじんnoばぁ〜|時代劇出演シーンとトーク
https://www.youtube.com/watch?v=TosJvaZTpf8 (YouTube)
この番組に、ほんのチョイ役で出演したことがあったようですが、自分ではあまり、この出演には触れてほしくなかったようです。

やしきたかじんは、いろいろな曲をカバーしていますが、この「ラブ・イズ・オーバー」は大好きです。

やしきたかじん|ラブ・イズ・オーヴァー
https://www.youtube.com/watch?v=NrBNMK8qb4c (YouTube)

やしきたかじん

中古価格
¥1,987から
(2015/7/24 15:30時点)


「ラヴ・イズ・オーヴァー(LOVE IS OVER)」は、台湾出身の歌手、欧陽菲菲(オウヤン・フイフイ)のシングルリリース曲です。1983年に「やしきたかじん」がカバーリリースしました。

先月行った年2回程度行く大阪の「スナック」や、友人の紹介で田園都市線沿線の街の「スナック」に行くとそこで歌われている、私に心地良く聴ける歌は、「大滝詠一」「浜田省吾」「テレサ・テン」「柳ジョージ」、そして「やしきたかじん」の「ラブ・イズ・オーバー」はその中の一曲でした。

「やしきたかじん」は芸能界に限らず、政界、スポーツ界などでも、多く人から好かれ慕われていたとの事です。ただ、好き嫌いがはっきりしていたようで、かつ、喧嘩っ早いところもあったそうなので、一方では、敬遠していた人たちもいたのではと思います。
ただ、仕事、生き方で自分を貫き通した、という人生は、困難も多くあったと思いますが大変充実し満足感のあった人生だったのではとも思います。

編集部注:*ホスト・ホステス業界用語で、営業時間終了後に店外で遊ぶこと。