木造の教室と黒板

マイ・フェイバリット・ミュージック・アット・スクール


6月21日(水)に、早くも二十四節気の「夏至」が過ぎました。これからは、日中の時間が短くなります。

そして梅雨の中盤ですが、関東地方では例年より降水量が少ないようです。
北陸・東北地方の梅雨入りも大幅に遅れました。

北陸・東北が梅雨入り 平年より遅く(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
北陸・東北が梅雨入り 平年より遅く(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

関東地方の梅雨入り日「6月7日」は、今後修正される可能性が高いです。

6月のテーマは「学校で聴いた曲」です。授業、教科書、休み時間、放課後、サークル、、等色々なシチュエーションがあります。
当ブログ執筆者がお勧めする、学校で聴いた6曲を紹介します。

滝廉太郎|花
https://www.youtube.com/watch?v=8G1EKV9ASjU (YouTube)

瀧廉太郎作品集

中古価格
¥5,630から
(2017/6/22 11:42時点)

  • 中学の音楽の時間に歌わされた曲だったと思います。まじめに合唱した記憶があります。(Hiro)

パーシー・フェイス(Percy Faith)|夏の日の恋(A Summer Place)
https://www.youtube.com/watch?v=bz4DOlnh64Y (YouTube)

パーシー・フェイス ベスト DQCP-1515

新品価格
¥1,090から
(2017/6/22 11:44時点)

夏の日の恋/パーシー・フェイス・ベスト

中古価格
¥216,294から
(2017/6/22 11:44時点)

  • 高校時代、昼食時校内放送で、この曲が流れていたように思います。中々のセンスだったと思います。(Hiro)
  • 高校時代の昼休みの放送のテーマ音楽として記憶に残っています。コロッケうどんの味がなつかしいです。(Koji)
  • オリジナルも良いのですが、私は「ミルキーウェイ(松下誠、信田かずお)のカバーが印象に残っています。(MAHALO)
  • イージーリスニングは、校内放送の定番でした。(Yama)

パブロ・デ・サラサーテ(Pablo Martín Melitón de Sarasate)|ツィゴイネルワイゼン(Zigeunerweisen)
https://www.youtube.com/watch?v=oFCbl4NdEJc (YouTube)

ツィゴイネルワイゼン~ヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリン(日本独自企画盤)

中古価格
¥1,800から
(2017/6/22 11:45時点)

  • この曲を最初に聴いたのは小学校の音楽の時間だったと思います。その演奏者や音源等は記憶にありませんが、この「ツィゴイネルワイゼン=ジプシーの旋律」が思い出されます。またその後、この曲がテーマの鈴木清順監督の映画「ツィゴイネルワイゼン」に出会い、何故か同時に思いだします。(Koji)

アンディ・ウィリアムス(Andy Williams)|恋はリズムに乗せて(Music to Watch Girls By)
https://www.youtube.com/watch?v=cOK6YJmT5_w (YouTube)

Very Best Of

中古価格
¥430から
(2017/6/22 11:46時点)

  • 私の通っていた中学校の放送室には「サイモン&ガーファンクル」の「ボクサー」と「アンディ・ウィリアムス」4曲入りのレコードしか無かったのか、お昼休みは必ずこの2枚のレコードを繰り返し流していました。洗脳とは言いませんが、この曲を聴く度に中学のお昼を思い出します。というか思い出せません。つい先日中古レコード店に行ったら、まさにこの4曲入りのレコードが置いており、ついつい買ってしまいました。(MAHALO)

吉田拓郎|落陽
https://www.youtube.com/watch?v=MJt5RVMVilQ (YouTube)

LIVE’73

中古価格
¥1,500から
(2017/6/22 11:46時点)

  • 高校では何もしなくて暇だろうと生物部に入部し、実際は音楽部に入り浸ってましたが、そこで聴いたのがこの曲でした。この曲が収録されたアルバム「Live’73」は今でもよく聴きます。(MAHALO)

大滝詠一|カナリア諸島にて
https://www.youtube.com/watch?v=NZ76WFEynU8 (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

中古価格
¥1,598から
(2017/6/22 11:47時点)

  • 高校2年生の夏の放課後、隣の軽音楽部の部室からほぼ毎日漏れていた音楽は「大瀧詠一 | A LONG VACATION」でした。直接的な交流はありませんでしたが、同じ嗜好の人がいると、一人ほくそ笑んでいました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

柔軟で奔放なベーシスト「ロン・カーター」


昔から、ベーシスト「ロン・カーター」(Ron Carter)の名前は知っていました。
学生時代、吉祥寺のFunkey、Megu、OutBackに通い続けていた時、マイルス・デイヴィス・クインテットの、ウェイン・ショーター(テナー・サックス)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)、ロン・カーター(ベース)、ハービー・ハンコック(ピアノ)というメンバーのマイルス第二期黄金クインテットと呼ばれた、4ビートスタイルの最高水準Jazzとして盛んに曲が流れていました。
このメンバーでは、「E.S.P.」「マイルス・スマイルズ」「ソーサラー」「ネフェルティティ」「ウォーター・ベイビーズ」「マイルス・イン・ザ・スカイ」等のアルバムをリリースされています。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)|E.S.P.
https://www.youtube.com/watch?v=1dJ-WUsPJoE (YouTube)

E.S.P.

新品価格
¥548から
(2017/6/9 12:39時点)

  • マイルス・デイヴィス(Miles Davis) – Trumpet
  • ロン・カーター(Ronald Carter) – Bass
  • トニー・ウィリアムス(Tony Williams) – Drums
  • ハービー・ハンコック(Herb Hancock) – Piano
  • ウェイン・ショーター(Wayne Shorter) – Tenor Saxophone

ロン・カーターが、マイルス・デイヴィスのグルーブに参加したのは1963年です。先に書きましたが、若きジャズベーシストとして60年代のマイルスの第二期黄金期を支えました。ロンの柔軟で奔放なプレースタイルが、モード・ジャズの表現を模索していたマイルス・デイヴィスにベーシストとして抜擢されました。他のメンバーが繰り出すモード・ラインに対し、半音階のクロマッチックな音選びで絶妙の演奏を創り出しました。
この「E.S.P.」は1964年リリースです。「フリー」スタイルとは異なる、マイルスのプレイとショーターのプレイが織り成す即興演奏に、他のメンバーがそれぞれのパートを緊張感を漂わせて応えています。この「E.S.P.」はマイルスのベストの一つと言われています。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)|枯葉(AUTUMN LEAVES)|1964
https://www.youtube.com/watch?v=cuhFQAzgnFQ (YouTube)

Miles in Berlin

新品価格
¥551から
(2017/6/9 12:40時点)

この「枯葉」は、ウェイン・ショーターが初参加して〝黄金のクインテット”となった最初の「Miles In Berlin」の中の1曲です。
「枯葉」のようなスタンダード曲を自在に演奏しています。緊張感にあふれたライブ演奏となっています。
Jazzの即興演奏の面白の最高傑作と評価されています。

ジャズの流れが、モード・ジャズからフュージョンに移行しつつあった1960年代終盤、「ロン・カーター」はマイルスのグループを離れ、各セッションのサイドマンとして無数のレコーディングに参加しています。70年代にはハービー・ハンコック、ハンク・ジョーンズなど。その後も、ベース、ピッコロ・ベースで多くのセッションに参加しています。

ロン・カーターのベースは、一音聴いただけで「ロンだ」とわかるほどの強烈な個性があると言われています。そして、日本でも非常に人気の高いジャズベーシストです。来日経験も多く、日本のミュージシャンとの共演も多いです。

ハンク・ジョーンズ(Hank Jones)&ロン・カーター(Ron Carter)|グレート・ジャズ・イン・神戸 ’96(Great Jazz In Kobe 1996)
https://www.youtube.com/watch?v=93o0IlbWCLw (YouTube)

グレート・ジャズ・イン・神戸 ’96 [DVD]

中古価格
¥3,300から
(2017/6/9 12:40時点)

  • ハンク・ジョーンズ(Hank Jones) – Piano
  • ロン・カーター(Ron Carter) – Bass
  • スティーヴン・スコット(Stephen Scott) – Piano
  • スタン・ギルバード(Santi Debriano) – Bass
  • ルイス・ナッシュ(Lewis Nash) – Drums
  • ジミー・スミス(Jimmie Smith) – Drums
  • スティーヴ・クルーン(Steve Kroon) – Percussion
  • 鈴木重子(Shigeko Suzuki) – Vocal (#9)

ちなみに、このピアノのハンク・ジョーンズは、 1962年5月19日、ジョン・F・ケネディ大統領の誕生パーティで、マリリン・モンローが歌った有名な「ハッピー・バースデイ」のピアニストだったそうです。

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)|Happy Birthday Mr. President
https://www.youtube.com/watch?v=EqolSvoWNck (YouTube)

天才チャップリンの「スマイル」


先日、堺正章司会のTV番組を観ていましたら、元米米CLUBの石井竜也がゲストで出演して、歌った曲が、「スマイル」でした。

「堺でございます」第101回「石井竜也」
「堺でございます」第101回「石井竜也」

「スマイル」は、1936年のチャールズ・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲、もちろん主演とすべてを担当した映画のテーマ曲です。私も何度も観た、機械化を風刺した喜劇映画です。エンディングでこの曲が流れ、シーンとともに本当に印象的な曲です。チャップリンが作曲した曲です。

チャールズ・チャップリン(Charlie Chaplin)|スマイル(Smile)|モダン・タイムス(Modern Times)
https://www.youtube.com/watch?v=Ps6ck1ejoAw (YouTube)

Charlie Chaplin – Original Modern Times Soundtrack

新品価格
¥1,500から
(2017/5/26 22:07時点)

モダン・タイムス Modern Times [Blu-ray]

新品価格
¥2,923から
(2017/5/26 22:09時点)

改めてこの「スマイル」を聴いて、歌詞とともにすごくいい曲だなあと感動しました。

1954年にジョン・ターナー(John Turner)とジェフリー・パーソンズ(Geoffrey Parsons)が歌詞をつけ、最初、ナット・キング・コールによって歌われました。

ナット・キング・コール(Nat King Cole)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=V3Sk1ybG_-M (YouTube)

ベスト・オブ・ナット・キング・コール~L.O.V.E.

新品価格
¥2,124から
(2017/5/26 22:06時点)


カバーは、もう数え切れないくらいの歌手が歌っています。
マイケル・ジャクソンもカバーしています。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=0NHA0SwCY8k (YouTube)

History

新品価格
¥1,504から
(2017/5/26 22:02時点)

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

新品価格
¥1,061から
(2017/5/26 22:03時点)

マイケル・ジャクソンの「スマイル」は1995年リリースのアルバム「ヒストリー」(HIStory)に収録されています。
ライブでは「HIStory World Tour」の最後のコンサートで、ダイアナ妃を追悼し、コンサートの最初に歌いました。

マイケルの「スマイル」のレコーディングは、シカゴ交響楽団でオーケストラ配置をとって行ったとの事です。第一バイオリンは指揮者の左、第二バイオリンは右、ビオラは第一バイオリンの後ろ、チェロは第二バイオリンの後ろ、コントラバスは後ろ中央、そしてハープを左右に1台ずつ、という構成だったそうです。
そして、スタジオの選択は、ニューヨークの大きなスタジオを選び、指揮者のスコアをコントロールルームにおいて、全ストリングパートの和音やカウンターメロディーをチェックし、ストリングセクションのリハーサル行って、バランスを確かめ、情感あふれるように録音したとの事です。

MISIA(ミーシャ)は、東日本大震災で被災した宮城県仙台市の3つの少年・少女合唱団によるコーラス参加でカバーしました。
このバージョンは、アニメ映画「friends もののけ島のナキ」の主題歌となり、2011年のアルバム「MISIAの森 -Forest Covers-」に収録されています。

MISIA(ミーシャ)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=9-HwNpplz-g (YouTube)

MISIAの森 Forest Covers

新品価格
¥1,697から
(2017/5/26 22:01時点)

フレンズ もののけ島のナキ 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,120から
(2017/5/26 22:05時点)

誰がカバーした曲でも、「スマイル」は心に響くものがあると思います。
やはり、チャップリンは天才だと改めて思いました。

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2017


今年も「サボテンの花」が5月21日に咲きました。

5月21日(日)午後3時過ぎ、群馬県館林市で35.3度を記録し、今シーズン初の猛暑日になりました。

また、5月20日(土)~5月23日(火)に、4日連続で真夏日を記録したところがあります。

梅雨前に、季節先取りの真夏の陽気です。

5月以降も、最高気温が平年よりも高い状態が続くようです。

水分をこまめに補給し、室内ではカーテンで日差しを遮り、冷房を適切に利用し、熱中症にご注意ください。

5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

5月のテーマは、4年ぶりの「花」「フラワー」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「花」に関する8曲を紹介します。

チューリップ|サボテンの花
https://www.youtube.com/watch?v=NQqzxcZxdPI (YouTube)

サボテンの花

新品価格
¥2,680から
(2017/5/23 23:26時点)

  • 花が主題ではなく、失恋の歌ではありますが、メロディと財津和夫の歌声が何か”ほっと”する癒やし感を与えてくれます。よくカラオケで歌います。(Hiro)
  • 5月になると毎年玄関ポーチ脇にあるサボテン群生の花が咲きます。その時、頭の中で「サボテンの花」が流れます。(Yama)

ザ・キングストントリオ(The Kingston Trio)|花は何処へ行った(Where have all the flowers gone?)
https://www.youtube.com/watch?v=fi0dPoG4y9U (YouTube)

花はどこへ行った+3 [EPレコード 7inch]

  • ピート・シーガーのオリジナル曲ですが、ピーター・ポール&マリー、ブラザース・フォアなどフォークのグループの代表曲となっています。学生の頃ギターを持つと必ず弾き語った曲です。(Hiro)
  • 「花」がテーマの反戦歌の代表曲ですね。合わせて「ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない(作詞:寺山修司)」がリンクします。(Koji)

yanokami|ばらの花
https://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

yanokamick-yanokami English version-

新品価格
¥1,792から
(2017/5/23 23:34時点)

  • 矢野顕子とレイ・ハラカミによるユニット「yanokami」による「くるり|ばらの花」のカバー曲です。レイ・ハラカミは2011年7月に急逝しましたが、彼の残した打ち込みデータによりyanokamiの活動は健在です。この映像は2012年7月に行われたタブラ(インドの民族楽器)奏者ユザーンとの共演の様子です。(Koji)

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=iBuZhCMp2g8 (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥2,450から
(2017/5/23 23:35時点)

  • この曲と併せて「ママス&パパス|夢のカリフォルニア」が聴きたくなります。(Koji)
  • サンフランシスコは何度か行きましたが思い出深い街ですね。この曲を聴くとその当時を思い出します。(MAHALO)

セシリオ&カポノ(Cecilio & Kapono)|サンフラワー(Sunflower)
https://www.youtube.com/watch?v=m0auX2FdZ6I (YouTube)

Cecilio & Kapono

新品価格
¥1,264から
(2017/5/23 23:36時点)

  • ハワイを代表するセシリオ&カポノの「Sunflower(ひまわり)」は、曲の良さはもちろんですが、二人のハーモニーが癒されます。どことなくボズ・スギャックスではありますが。(MAHALO)
  • なるほど。確かにボズ・スギャックス感があります。(Yama)

Chickenshack(チキンシャック)|Flowers For Lena -Dedicated to LENA-Chan-
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,399から
(2017/5/23 23:36時点)

  • 「チキンシャック」のファーストに収録のこの曲は、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。もちろん「山岸潤史」のギターもですが…。ファーストで聴くのも良いのですが、六本木ピット・インでのライブ・アルバムでは倍近い演奏を披露しておりお勧めです。(MAHALO)
  • 土岐英史いいですね。竹内まりやの武道館での「駅」のエンディング、本当にジーンときます。最近は、お茶の水”NARU”での中島あきはとのライブ聴きにいきました。(Hiro)

サンタナ(Santana)|ムーン・フラワー(Moonflower)
https://www.youtube.com/watch?v=x5b3VBUW2ok (YouTube)

Moonflower

新品価格
¥1,743から
(2017/5/23 23:37時点)

  • 「Moonflower」、日本では「夜顔」という花の名この曲は「哀愁のヨーロッパ」とともによく聴きました。どなたかが、「サンタナ流ムード演歌」などと書かれていましたが、確かに日本ではシングル盤としてリリースされたのもがわかります。(MAHALO)
  • ”夜顔”題名がいいですね。サンタナ最近聴いていませんでしたが、やっぱりいいなあ。(Hiro)

一青窈|ハナミズキ
https://www.youtube.com/watch?v=TngUo1gDNOg (YouTube)

ヒトトウタ

新品価格
¥2,200から
(2017/5/23 23:39時点)

  • 庭先のハナミズキは数年前に枯れてしまいましたが、この曲は永遠です。(Koji)
  • 5月、特に母の日前後に、ラジオから盛んに流れます。以前にの勤務地近くの虎の門病院に、見事な枝ぶりのハナミズキがありました。しかし、新虎通り(環状第二号線)の新設で、撤去されてしまったようです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

一筆書きの鉄道旅行記


俳優、関口知宏が世界各国を電車で旅する番組がありました。
私は関口が、電車の中とか、下車して訪れる出会いでの交わし合う言葉の、「さらっとした」、そして「ほのぼの」としたふれあいの映像とか、車窓から見える景色とか、中国の山岳地域独特の風景とか、この番組がとても好きでした。そして、また、この番組で使われている「大山百合香」の曲が番組の流れにぴたっとあって、そしてエンディングでいつも流れたとき、本当にこのような素敵な中国の旅をこの曲とともにやってみたいと、聴いていました。

「中国鉄道大紀行」のテーマ曲「光あるもの」曲も歌詞も素晴らしいと思います。

大山百合香 | 光あるもの
https://www.youtube.com/watch?v=k83HP6ntt00 (YouTube)

夏のしずく

中古価格
¥479から
(2017/5/12 15:45時点)

関口知宏の中国鉄道大紀行春の旅
https://www.youtube.com/watch?v=jSQJp0vmex8 (YouTube)

関口知宏のナビゲーションも本当にぴったりでしたが、この曲を歌った「大山百合香」の声と曲も映像にぴったりでした。

この番組の中国を観ていると、いろいろ政治的な摩擦とか、日本で報道される中国とか、日本に来る観光客の中国人の騒がしさ、などからはほど遠い、木訥とした生真面目で優しい、農村の人たち、50年前には、日本各地で観られた、本当に気さくで正直な田舎の農村の人たちと全く同じでした。
中国に対しての見方、考え方も、一辺倒に単純化して観るだけでは間違いだと思うようになりました。

そして、ヨーロッパ各国の旅。

関口知宏|訪秋|関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅・ポルトガル編より
https://www.youtube.com/watch?v=R_yqIuS3B30 (YouTube)

「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜」は、BShiで2005年に放送されたテレビ番組で、「春編」と「秋編」の2部構成となっています。
「春編」は、鹿児島県・枕崎駅を出発し福井県・九頭竜湖駅に到着まで。「秋編」は九頭竜湖駅から出発し北海道・根室駅まで。

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」春編
https://www.youtube.com/watch?v=sfVzsPPvUiU (YouTube)

福島邦子|空のコトバ|LIVE 2008
https://www.youtube.com/watch?v=_2LvxbEWGWo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト:コンプリート・シングルス

中古価格
¥1,549から
(2017/5/12 15:47時点)

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」秋編
https://www.youtube.com/watch?v=7gESZuuy09c (YouTube)

福島邦子|銀の月
https://www.youtube.com/watch?v=Y3H56Jxi3aI (YouTube)

旅のうた~NHK「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」

中古価格
¥638から
(2017/5/12 15:50時点)

福島邦子の旅の歌が、春編、秋編のテーマ曲としてぴったり合います。
日本の旅情を引き立てています。

楽器が歌う「クリフォード・ブラウン」と「マックス・ローチ」のコンビ


私が「ドラム」を習っている音楽教室で、生徒によるジャムセッションが企画されました。私は「サンデュ」(Sandu)という曲を練習し課題曲として演奏することになりました。その「サンデュ」をYuoTubeで探していたら、クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)とマックス・ローチ(Max Roach)の「サンデュ」をたまたまみつけました。聴いたら「すごい!」と一辺で気に入りました。
ちなみに、マックス・ローチのドラミングのコピーができないか練習してみました。結果は、聴いているときは「あぁっ、こんな風にたたいているんだ」ってわかるところもありますが、実際そんな風に私がドラムでたたけるかは、全く別の次元の話でした。当たり前の話ですが。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ(Clifford Brown & Max Roach)|サンデュ(Sandu)
https://www.youtube.com/watch?v=lcKQ3wGI8ZQ (YouTube)

STUDY IN BROWN

新品価格
¥810から
(2017/4/29 22:33時点)

  • クリフォード・ブラウン(Clifford Brown) (tp)
  • マックス・ローチ(Max Roach) (ds)
  • ハロルド・ランド(Harold Land) (ts)
  • ジョージ・モロウ(George Morrow) (b)
  • リッチィー・パウエル(Richie Powell) (p)

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテットは1954から活動していますが、1956年にブラウンが自動車事故で急死(26歳)してしまいましたので、活動期間は2年と大変短かい期間でした。ただ、アルバム「スタディ・イン・ブラウン」(Study In Brown)は、1955年2月のセッション演奏の録音ですが。歌心のあるトランペッター(ブラウン)と音楽性豊かなドラマー(ローチ)の組み合わせで、ハードバップの1950年代を代表する代表的グループとして評価されています。
クリフォード・ブラウン、マックス・ローチ、二人とも、ともに「歌うような」演奏と言われています。クリフォード・ブラウンはトランペットを自分の声であるかのように吹き、マックス・ローチも、メロディックで論理的に構築されたドラミングの即興演奏の才にあふれている、と評されています。

モダン・ジャズ・カルテット(Modern Jazz Quartet|アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)
https://www.youtube.com/watch?v=uJTtB-q3tvk (YouTube)

European Concert

中古価格
¥979から
(2017/4/29 22:34時点)

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、1957年、クリフォードを追悼してバラード「アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)」作曲しました。この曲はジャズ・スタンダードとなっています。

M.J.Q(モダン・ジャズ・カルテット)のアルバム「ユーロピアン・コンサート」に収録されている「アイ・リメンバー・クリフォード」は、亡きクリフォードへの想いが切々と伝わってくる演奏です。もし、クリフォード自身がこの曲を吹いたら、まさに、心にしみる”トランペットの歌”の名演になっただろうと想いをはせてしまいます。

クリフォード・ブラウンの「ジョイ・スプリング」は今の季節、春にぴったりの1954年発表した曲です。クリフォードが海辺で彼女とデートしていたとき、トランペットでこの曲を吹いてプロポーズしたという逸話が残っています。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ(Clifford Brown & Max Roach)|ジョイ・スプリング(Joy Spring)
https://www.youtube.com/watch?v=dnK6OHPQZbA (YouTube)

Clifford Brown & Max Roach

新品価格
¥680から
(2017/4/29 22:35時点)

  • クリフォード・ブラウン(Clifford Brown) (tp)
  • マックス・ローチ(Max Roach) (ds)
  • ハロルド・ランド(Harold Land) (ts)
  • ジョージ・モロウ(George Morrow) (b)
  • リッチィー・パウエル(Richie Powell) (p)

本当にクリフォードトランペットのソロが”歌って”います。もちろん、マックスローチのフォーバース、ドラムソロも春を多いに謳っています。

マイ・フェイバリット・ロード・ミュージック


ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

天気予報のマークに「雨」は少なめですが、一時的に雨が降り、雷を伴って雨脚が強まることがあるようです。

最新の気象情報をチェックして、楽しい連休をお過ごしください。

GWの天気 連休初日は大気不安定(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
GWの天気 連休初日は大気不安定(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

さて、4月のテーマは、「道」「ロード」「ストリート」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「道」に纏(まつ)わる9曲を紹介します。

ボブ・ディラン(Bob Dylan)|風に吹かれて (Blowin’ In The Wind) 
https://www.youtube.com/watch?v=vWwgrjjIMXA (YouTube)

エッセンシャル・ボブ・ディラン

新品価格
¥5,822から
(2017/4/28 22:56時点)

  • この曲で、「roads」は曲の出だしだけですが、それこそ、何百回、聴いたり口ずさんだりしたかわかりません、、人はどれ位の道を歩めば、人として認められるのか、、(Hiro)

ビートルズ(The Beatles)|ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(THE LONG AND WINDING ROAD)
https://www.youtube.com/watch?v=OIHEuYfDypg (YouTube)

THE BEATLES 1

新品価格
¥2,900から
(2017/4/28 22:56時点)

  • ビートルズのグループとして最後の、No.1の曲。作ったポール・マッカートニーは「終点に行き着くことのない道について歌ったんだ」と語っています。(Hiro)
  • いつもシンプルなバージョンを聞いています。ほとんど聞いたことはありませんが、ストリングス、コーラス、オーケストラでアレンジしたバージョンがあるそうですが、それは聞いたことありません。(Yama)

ザ・ブロードサイド・フォー|若者たち
https://www.youtube.com/watch?v=vW0-sRt0RYw (YouTube)
昭和41年の「若者たち」オープニング
https://www.youtube.com/watch?v=ViONwlRNvsY (YouTube)

ザ・ブロードサイド・フォー

新品価格
¥1,071から
(2017/4/28 22:57時点)

  • 「君の行く道は果てしなく遠い…」。テレビドラマ「若者たち」は2014年にリメークされましたが、やはり白黒映像の1966年版のドラマとザ・ブロードサイド・フォーの歌う主題歌が思いだされます。舞台は千葉県の海岸沿いの町でした、(Koji)
  • 今シーズンのNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台設定が昭和39年~ですから同時期なのですね。(Yama)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|マイ・ウェイ(My Way – A Mi Manera -)

https://www.youtube.com/watch?v=Fsw2NQb5xSA (YouTube)

ジプシー・キングス(期間生産限定盤)

新品価格
¥930から
(2017/4/28 22:58時点)

  • フランク・シナトラなどで有名な「マイ・ウェイ」ですが、UCCのCM曲でも使われているジプシー・キングスの歌うこれが一番です。吉瀬美智子と「コーヒーの話」ができれば更に良いですが。(Koji)
  • 吉瀬美智子さん主演のCM、好きです。私も彼女のあの雰囲気が好きです。(Yama)

シーウィンド(Seawind)|フォロウ・ユア・ロード(Follow Your Road)
https://www.youtube.com/watch?v=BCNVoPa2VFY (YouTube)

Light the Light/Seawind

新品価格
¥1,137から
(2017/4/28 22:58時点)

  • シーウィンドを代表する名曲です。切々と歌うポリーン・ウィルソンの歌声は心に染みます。(MAHALO)

クルセイダーズ(The Crusaders)|ストリート・ライフ(Street Life)
https://www.youtube.com/watch?v=-iVR7WLsvAg (YouTube)

ストリート・ライフ

新品価格
¥1,620から
(2017/4/28 22:59時点)

  • 今回のテーマの中で「ストリート」といえばやはりこの曲ですね。このアルバムは今も私の愛聴盤です。(MAHALO)

ザ・ドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)|ドゥービー・ストリート(Takin’ It To The Streets)
https://www.youtube.com/watch?v=foEba5RQlOE (YouTube)

ドゥービー・ストリート

新品価格
¥1,361から
(2017/4/28 23:00時点)

  • ドゥービーのファンからはマイク・マクドナルドの参加は賛否が分かれるところですが、私はこの曲、そして収録アルバムとも大好きです。都会的な雰囲気はまさにAORです。(MAHALO)

絢香×コブクロ|WINDING ROAD(ワインディング・ロード)
https://www.youtube.com/watch?v=mE_jH0J0ClA (YouTube)

ayaka’s History 2006-2009

新品価格
¥1,580から
(2017/4/28 23:00時点)

ALL SINGLES BEST 2 (通常盤)

新品価格
¥2,070から
(2017/4/28 23:01時点)

  • 「日産キューブ」のCM曲ですが、元々同じレーベル同士のアーティスト。「ライブで共演する時に歌う曲」として誕生しました。綾香のベストアルバム「ayaka’s History 2006-2009」とコブクロのベストアルバム「ALL SINGLES BEST 2」に収録されています。(Yama)

荒井由実|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=xAu6XPXzeh8 (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥3,053から
(2017/4/28 23:02時点)

  • 新宿から調布方面にドライブする時にタイミングよくラジオからこの曲が流れたらラッキーです。荒井由実の作詞の特長として、写実と抽象が混じる歌詞に昔は違和感を感じましたが、今では素直に受け入れることができるようになりました。(Yama)
  • 新宿に高層ビルが建ち並び始めた頃、首都高速で、八王子から都心に向かう歌とは逆のコースが好きでした。Los Angelesのフリーウエイで、ダウンタウンに向かう景色をいつもだぶらせました。(Hiro)
  • お洒落な曲で、ハイファイセット版も好きです。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<お知らせ>monologの新譜「monolog presents Hybrid Thoughts」「Re:Live Plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」4/26発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」ことYUKI “U-Key” KANESAKAの新プロジェクト「Hybrid Thoughts」(ハイブリッド・ソーツ)のデビューアルバム「monolog presents Hybrid Thoughts」が、4月26日(水)にリリースされます。

monolog presents “Hybrid Thoughts” introduction
https://www.youtube.com/watch?v=7LDD2JDDjWs (YouTube)

monolog presents Hybrid Thoughts

新品価格
¥2,700から
(2017/4/10 23:11時点)


また、monologの原点となった「Re:Live -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」が、「Re:Live Plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」として、4月26日(水)に再発売されます。こちらは、monolog自らコンパイル&ミックスしたディスク2が追加された2枚組です。

monolog | Re:Live Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=qgLkLhoYewE (YouTube)

Re:Live plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS

新品価格
¥2,916から
(2017/4/10 23:12時点)

monolog-が90年代ヒップホップに敬意を払う作品を2作同時リリース KRS・ワンも参加 | bmr
monolog-が90年代ヒップホップに敬意を払う作品を2作同時リリース KRS・ワンも参加 | bmr
故ジョージ・デューク(GeorgeDuke)やパトリース・ラッシェン(PatriceRushen)から、シーロー(CeeLo)やス…

第59回グラミー賞受賞グループのメンバー「小川慶太」


当ブログでも、先日<音楽ニュース>第59回グラミー賞の記事が紹介されていますが、全受賞作品・受賞者は次の通りです。

第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
第59回グラミー賞、受賞作品・受賞者一覧 | NME Japan
現地時間2月12日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで第59回グラミー賞授賞式が開催され、全受賞作品・受賞者が発表されている。…

そして、そのグラミー賞受賞のグループに一人の日本人ミュージシャンが参加しており、彼の地元でも話題となっています。
長崎県佐世保市出身でバークリー音楽大学卒のドラマー、パーカッショニストの小川慶太 Keita Ogawa(おがわ けいた、1982年 – )です。彼の出身地の長崎新聞にその記事が掲載されていました。

米グラミー賞に恩師ら祝う (長崎新聞:2017年2月15日)

その小川慶太の参加するバンドは「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)」と云うグループで、今年で連続3回目のグラミー賞の受賞となります。

■最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム
-「スナーキー・パピー(Snarky Puppy)|クルチャ・ヴルチャ(Culcha Vulcha)」-

尚、スナーキー・パピーのプロフィールは次の通りです。

2004年に米・テキサス州デントンにて結成されたジャズ・ミクスチャー・バンド。グラミー・ベーシストのマイケル・リーグを中心にジャズ学において全米トップと名高い北テキサス大学出身のメンバーで構成され、30名前後が流動的にプロダクションに参加。ニューヨーク・ブルックリンを拠点に、ジャズを軸に幅広いジャンルの音楽をミックスしたスタイルが特色。「サムシング」で2014年の第56回グラミー賞ベストR&Bパフォーマンスを受賞して評価を確固たるものにすると、翌年に『シルヴァ』で二度目のグラミー・ウィナーに。2016年のアルバム『クルチャ・ヴルチャ』も2017年の第59回グラミー賞を獲得。来日公演も多い。[出典;2015/10/05 (2017/02/17更新) (音楽出版社)]

Snarky Puppy |  Culcha Vulcha (Official Trailer)
https://www.youtube.com/watch?v=OnNqHTVFk8c (YouTube)

クルチャ・ヴルチャ

新品価格
¥2,474から
(2017/3/24 19:34時点)

彼らの日本公演についてはブルーノート東京icon(東京都港区)で近々予定されており、小川慶太も来日予定のようです。

スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO
スナーキー・パピー、グラミー賞獲得! 来日メンバーの小川慶太にインタビュー | News & Features | BLUE NOTE TOKYO

SNARKY PUPPY : BLUE NOTE TOKYO 2017 trailer
https://www.youtube.com/watch?v=yTZUnJ60-yk (YouTube)

チケットぴあ一般発売/スナーキー・パピー | 2017/4/16(日) ~ 2017/4/18(火) | ブルーノート東京(東京都港区)icon

 

グラミー賞のニュースに伴って注目された小川慶太(公式ページ)ですが、既に世界的チェリストのヨーヨー・マ(馬 友友、Yo-Yo Ma、1955年 – )を始めとする有名ミュージシャンのツアーやアルバムへの参加実績が、内外問わず数多くあります。
国内では彼の参加するこんなグループの演奏する曲を耳にしていると思います。
個人的には昨年の「舛添問題」以降、視る機会の増えたTV朝日のニュース番組「報道ステーション(月~金夜9:54~)」のテーマ曲です。

【公式】報道ステーション・テーマ曲 「Starting Five」by J Squad
https://www.youtube.com/watch?v=lTuv0yr19v0 (YouTube)

このテーマ曲を演奏する「ジェイ・スクワッド(J Squad)」のメンバーは、何れもニューヨークを中心に活躍する若手ミュージシャン達です。以前の記事(東京Jazz2015のレジェンドと若き俊英たち)でも紹介した「ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット(New Century Jazz Quintet)」メンバーも含まれています。

  • 黒田卓也(Takuya Kuroda)/Trumpet:1980年兵庫県芦屋市生まれ、ニュースクール大学 (The New School)ジャズ科卒業。
  • 馬場智章(Tomoaki Baba)/Sax: 1992年札幌市生まれ、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。
  • 小川慶太(Keita Ogaw)/Drums:1982年長崎県佐世保市生まれ、バークリー音楽大学卒業。
  • 中村恭士(Yasushi Nakamura)/Bass:1982年東京生まれ、米国シアトル育ち。バークリー音楽大学卒業後、ジュリアード音楽院(The Juilliard School)卒業(Artist Diploma)。
  • 大林武司(Takeshi Ohbayashi)/Piano: 1987年広島市生まれ、バークリー音楽大学卒業。

【公式】報道ステーション 新番組テーマ曲 「Starting Five」 レコーディング映像@NY
https://www.youtube.com/watch?v=WTHxbjZlk78 (YouTube)

J-Squad

新品価格
¥3,240から
(2017/3/24 19:35時点)

その他にも三十数年の時をかける少女「原田知世」の記事で紹介した原田知世のアルバムにパーカッションで参加しており、ツアーメンバーとして同行していたようです。

原田知世 | アルバム 『恋愛小説2~若葉のころ』ダイジェスト・ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=cXrDABayeMo (YouTube)

恋愛小説2~若葉のころ

新品価格
¥2,670から
(2017/3/24 19:40時点)

そんな様々なミュージシャンから引っ張りだこの小川慶太ですが、バークリー時代の友人のアルバムにも数多く参加しています。中でも、当ブログにも度々登場しているmonologことYuki Kanesaka(金坂征広)のプロデュース作品である「Four Leaf Sound | 27 (2007)」、「Saucy Lasy|Diversify(2011)」、「粟田麻利子|MARGUERITE(2012)」といったアルバムにもドラムやパーカッションでクレジットされています。

27

新品価格
¥2,951から
(2017/3/24 19:37時点)

Diversify

新品価格
¥1,151から
(2017/3/24 19:38時点)

粟田麻利子デビューアルバム “マルグリット”
https://www.youtube.com/watch?v=1y-x0Dbagsc (YouTube)

MARGUERITE

新品価格
¥2,316から
(2017/3/24 19:39時点)

マイ・フェイバリット・スプリング・ミュージック


3月21日(火)、気象庁の東京管区気象台が「桜・ソメイヨシノの開花」を発表しました。平年より5日早く、昨年と同じ開花日です。
東京都心の開花が全国トップは9年ぶりです。春の訪れを肌でも感じます。

東京都心で桜開花 全国トップ9年ぶり(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
東京都心で桜開花 全国トップ9年ぶり(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

さて、3月のテーマは、2年ぶり3回目の「春」「スプリング」です。
当ブログ執筆者がお勧めするマジック・ミュージック7曲を紹介します。

吉田拓郎|春だったね
https://www.youtube.com/watch?v=VZVNDKnFh3A (YouTube)

ベスト

新品価格
¥3,375から
(2017/3/23 09:00時点)

Forever Young 吉田拓郎・かぐや姫 Concert in つま恋2006 [Blu-ray]

新品価格
¥11,276から
(2017/3/23 09:01時点)

  • 春を想うと、やっぱり、自分の人生の10代後半~20代全般が浮かんできてそれと同時に、拓郎の「春だったね」を口すさんでしまいます。(Hiro)
  • 2006年の9月23日、つま恋。35,000人の“大人(?)”を前にしての拓郎。高画質・高音質のブルーレイ盤で。中島みゆきとの「永遠の嘘をついてくれ」は鉄板。(Koji)

オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton-John)|そよ風の誘惑(Have You Never Been Mellow)
https://www.youtube.com/watch?v=DRc6uIUzXSQ (YouTube)

そよ風の誘惑

新品価格
¥1,341から
(2017/3/23 09:02時点)

  • 歌詞そのものは、春の歌ではないのですが、曲調、メロディ、歌声、全てが春のわくわくする気持ち、春風に誘われるような、淡い恋心をいだく春の時期そのものです。(Hiro)オリビアを聴くのは春が似合いますね。(Koji)

カーペンターズ (Carpenters)|青春の輝き(I Need To Be In Love)
https://www.youtube.com/watch?v=EmFiOb0To7w (YouTube)

青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ<10周年記念エディション>

新品価格
¥2,584から
(2017/3/23 09:03時点)

  • この曲を含めてカレン・カーペンターの歌声は、何故か春を感じさせます。(Koji)
  • 「カーペンターズ」と「オリビア・ニュートン=ジョン」は、70年代洋楽女性ボーカルの二大巨頭です。(Yama)

シャドウズ (The Shadows)|春がいっぱい(Spring Is Nearly Here)
https://www.youtube.com/watch?v=EU1p7orqOaM (YouTube)

2 CLASSIC ALBUMS PLUS

新品価格
¥788から
(2017/3/23 09:03時点)

  • 春の花々のBGMには、やはりこの曲です。(Koji)
  • 私もこれを選ぼうとしたのですが、、で、やっぱり、春は、春がいっぱいがいいですね!(Hiro)

菊池ひみこ|Stormy Spring
https://www.youtube.com/watch?v=GANGZ1Fw8TA (YouTube)

Don’t Be Stupid

新品価格
¥3,480から
(2017/3/23 09:04時点)

  • 「菊池ひみこ」を初めて聴いたのは「山根麻衣」と同じくテイチクの音楽番組でした。メロディー・ラインが心地よく、当時はTV番組のテーマとしても使われ、聴かれた方も多いのではと思います。因みにサックスは「アーニー・ワッツ」です。(MAHALO)

南沙織|春の予感~I’ve Been Mellow
https://www.youtube.com/watch?v=8Rtr52630t4 (YouTube)

GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション

新品価格
¥2,700から
(2017/3/23 09:05時点)

  • 先日シングル盤を整理していたら出てきた1枚で、今回のテーマでは「スプリングサンバ」というのもあったのですが、やはりこの曲ですね。作詞、作曲は「尾崎亜美」ですが、南沙織の歌声にピッタリの曲です。(MAHALO)
  • 懐かしいです! 南沙織いいですね!尾崎亜美の曲も好きです。(Hiro)

松田聖子|制服
https://www.youtube.com/watch?v=hxjyXFzGyaI (YouTube)

SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~

新品価格
¥2,802から
(2017/3/23 09:05時点)

  • 1982年「赤いスイートピー」のカップリング曲です。作詞:松本隆、作曲:呉田軽穂(松任谷由実)、編曲:松任谷正隆の布陣の隠れた名作です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)